消費税10%への増税は決行されるのか

消費税に関して、安倍首相の非公式での発言があったようです。

ニュースの内容

痛いニュースからです。

安倍首相 「消費税を8%に引き上げたら景気が冷え込んだ。上げなければ、税収は今頃もっと増えていただろう」

ニュース部分だけ引用します。

消費増税、先送りの兆候?…首相の発言に変化
安倍首相が、2017年4月の消費税率10%への引き上げを先送りする場合の状況について、「世界経済の収縮」を条件に掲げ始めた。

これまでは「リーマン・ショックや大震災のような重大な事態」が起きない限り、予定通り実施する考えを強調してきた。与党内では「首相は軌道修正を図っている。再増税を見送る可能性が高まっているのではないか」(自民党中堅)との見方も出ている。

首相は最近の国会審議で、予定通り税率を引き上げる方針を明言する一方、「世界経済の大幅な収縮が実際に起きているかなど、専門的見地からの分析を踏まえ、その時の政治判断で決める」(24日の衆院財務金融委員会)などと強調している。

26日の衆院総務委員会でも、「株価、市場変動のみでなく、実体経済にどういう影響が出ているかも含め考えないといけない」と語った。年初から急激な円高、株安が進み、世界経済が不安定になる中、再増税を既定路線にしたくないとの思いが強まっているようだ。

周辺には「消費税を8%に引き上げたら景気が冷え込んだ。上げなければ、税収は今頃もっと増えていただろう」と、半ば悔やむように語っている。

みんなの反応と僕の考え

みんなの反応を見ると、安倍さんの考えが分からないという感じの反応が多いようです。

僕の考えは少し違います。
安倍さんは最初から消費税増税の考えは持っていないと思っています。
ただそれをいきなり前面に出してしまうと財務省からボコボコに叩かれるので、10%に上げますというふりをしつつ増税中止の隙を伺っていたのではないかと思っています。

実際ここ最近になって、増税中止のためのハードルが徐々に下がってきています。
最初は「リーマン・ショックや大震災などの重大な事態が起きないかぎり増税」と言っていたと思いますが、この前は世界経済の収縮を条件に追加しました。
実際に、今は支那の経済減速が世界に影響を及ぼしている状態だと思うので、見方によってはすでにこの追加した条件に当てはまっています。

いや、僕が安倍さんに騙されているという可能性もなくはないと思います。
ここで増税を決行するようだったら、それこそ鳩ポッポと変わらないただのアホだと思います。
安倍さんはあんなアホと同じではないと信じたいです。

今後どうなるか

消費税が10%に上がってしまうと、個人消費がますます落ち込み日本経済暗黒の時代がくると思います。
逆に減税するならばウハウハになると思います。
この辺りは、誰でもそう思っていることだと思います。

今は0%にしてもいいぐらいだと思いますが、いきなりそれをやると心臓麻痺のような事が起きるような気がしないでもないです。
1990年前後のバブル時代には、国民が正気を失って本来持つ価値よりもずっと高い値段で株や土地が売買されてきました。
そして国民が正気を取り戻した時に、土地も株も価格が大暴落しました。
今急に0%にすれば、またその時の再来になる気がします。
なのでプールに入る前に準備体操をして水を少しずつ身体につけていくかの如く、税率を少しずつ下げていくのがいいのではないかと思います。
そうすることでシステム屋さんは大変になると思いますが。

その過程で景気回復して日本経済が盤石になれば、その時はまた消費税を据え置くなり上げるなり考えればいいと思います。
とにかく、今は増税すべき時ではないと思います。

安倍さんには消費税よりももっとやって欲しいことがあるので、ここで足を掬われないように頑張って欲しいです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*