Bohemian Rhapsodyの歌詞解釈 第0回

英文法を勉強し始めてから、いつかはQueenのBohemian Rhapsodyを文法的に解釈してみたいと思っていました。
まだ自分の文法力は完全どころか全く足りないぐらいだと思いますが、試しにやってみます。

全体の歌詞

木を見ながら森も見ていかないと正しい意味が掴めないところもありそうなので、とりあえず全部の歌詞を載せておきます。

Is this the real life?
Is this just fantasy?
Caught in a landslide
No escape from reality
Open your eyes
Look up to the skies and see
I’m just a poor boy, I need no sympathy
Because I’m easy come, easy go
A little high, little low
Anyway the wind blows, doesn’t really matter to me, to me

Mama, just killed a man
Put a gun against his head
Pulled my trigger, now he’s dead
Mama, life had just begun
But now I’ve gone and thrown it all away
Mama, ooo
Didn’t mean to make you cry
If I’m not back again this time tomorrow
Carry on, carry on, as if nothing really matters

Too late, my time has come
Sends shivers down my spine
Body’s aching all the time
Goodbye everybody ~ I’ve got to go
Gotta leave you all behind and face the truth
Mama, ooo ~ (anyway the wind blows)
I don’t want to die
I sometimes wish I’d! never been born at all

I see a little silhouetto of a man
Scaramouch, scaramouch will you do the fandango
Thunderbolt and lightning ~ very very frightening me
Gallileo, Gallileo,
Gallileo, Gallileo,
Gallileo Figaro ~ magnifico

But I’m just a poor boy and nobody loves me
He’s just a poor boy from a poor family
Spare him his life from this monstrosity
Ease come easy go ~ will you let me go
Bismillah! No ~ we will not let you go ~ let him go
Bismillah! We will not let you go ~ let him go
Bismillah! We will not let you go ~ let him go
Will not let you go ~ let me go (never)
Never let you go ~ let me go
Never let me go ~ ooo
No, no, no, no, no, no, no ~
Oh mama mia, mama mia, mama mia let me go
Beelzebub has a devil put aside for me
For me
For me

So you think you can stone me and spit in my eye
So you think you can love me a and leave me to die
Oh! baby ~ can’t do this to me baby
Just gotta get out ~ just gotta get right outta here

Ooh yeah, ooh yeah
Nothing really matters
Anyome can see
Nothing really matters ~ nothing really matters to me

Anyway the wind blows…

さて訳してみます

・・・と思ったのですが改めて歌詞を読んでみると、とても文法だけでは説明できない詩的な歌詞だと思いました。

という事で企画倒れです。

・・・で終わってしまうとつまらないので、できそうなところだけでもやってみようと思います。

あと、僕はQueenについてはそんなに詳しくありません、というかほとんど知りません。
この曲は好きだし、他にもQueenの好きな曲はいくつもありますが。
特にこの曲はいろいろな雰囲気の音楽が混ざっていて、音楽的にも面白いと思います。

ただこの歌詞を本当に理解しようと思ったら、作詞作曲したFreddie Mercuryの人生を辿ってみるなどする必要があると思います。
いやそこまでやっても、本当にFreddieが言いたかった事までは永遠に辿りつけないような気がします。
なので、あくまでも一個人の解釈だと思ってください。

という事で訳し始めたのですが、最初の10行だけで3時間以上かかってしまい、しかもかなりの長文になってしまいました。
全ての解釈を1つの記事にまとめてしまうと読むのも嫌になるぐらいに長くなりそうだったので、これから数回に分けて書いていきます。

あと最初に言っておきますが、僕が訳した時点でそれはもうFreddieが書いたBohemian Rhapsodyとは別物です。
なので本当は、歌詞を原文で聞いてそれぞれ自分なりの解釈をするべきだと思います。
その参考として僕の解釈を見てもらえたら幸いです。

それでは次回から本題の解釈に入っていきます。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*