永谷天満宮の節分祭に行ってきました

こちらの方では久しぶりの更新になりますが、近所の神社の節分祭に行ってきました。

節分とはどんな日か

あまりよく分かっていなかったので、さっき調べました。

まず、南中高度が一番低くなるのが「冬至」、一番高くなるのが「夏至」です。
このちょうど中間で、昼と夜の長さが同じになるのが「春分」と「秋分」です。
そして、冬至と春分のちょうど中間が「立春」です。

そして、立春の前日が節分になります。
簡単に言うと、冬至から数えて1年の1/8過ぎた日が立春で、その前日が節分です。
今では立春の前日を節分と言うようですが、古くは立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日の年4日が節分だったようです。

春分、夏至、秋分、冬至がそれぞれ、春夏秋冬の(南中高度的な)季節のど真ん中の日になります。
このそれぞれの日の間が季節の変わり目になります。
その前日が節分になります。
なので、それぞれの季節の最後の日が節分であると言えると思います。

明日から春なので、2月3日の節分は冬最後の日です。
まだまだ寒いですが、明日からは春ということになります。

永谷天満宮の節分祭

うちから歩いていけるところに、天神さまがあると最近知りました。
それが永谷天満宮です。

ちょっと前までは神社参拝に興味がなかったので、存在を知りませんでした。

獅子舞がみんなの頭を噛んで回っていました。

この後、僕も噛んでもらいました。

その後、お囃子と獅子舞の舞です。

そして豆撒きです。

県会議員の桐生秀昭さんと、市会議員のせのま康浩さんも豆撒きに参加していました。

豆撒きが終わったら、豚汁を振る舞ってくれました。

また神社での行事があれば行ってみようと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*