銀行の事情

今日はネタがないので、ニュースについてです。

ニュースの内容

「銀行に緊急融資断られた」 家族経営の小さな納豆工場が悲痛な叫び 「潰すには惜しい店」とネットで注文殺到

 北海道室蘭市にある家族経営の納豆工場「内藤食品」が、Twitterで厳しい経営状況を告白し、ユーザーたちから応援の声が殺到しています。

【萌えキャラをプリントした「痛納豆」(味は本気で美味しいと評判)】

内藤食品は室蘭市で家族が営む小さな納豆メーカー。ネット通販や「北海道物産展」などを除くと、北海道内の一部でのみ取り扱われている小規模な展開ながら、北海道産の大豆を使用した納豆は「全国納豆鑑評会」で何度も賞を受賞するなど、地元民を中心に愛されている納豆です。

しかし、おいしい納豆作りにこだわる反面、赤字続きな経営の苦しさについても以前からツイートされており、今年はとうとう銀行から緊急融資の申し出を断られたことをTwitterで告白。これをきっかけに同納豆のファンである病理医ヤンデルさんや、内藤食品と「痛箱」パッケージの「カムイ納豆」でコラボした北海道バーチャルアイドル・北乃カムイさんなど、北海道の人気ユーザーたちがツイートを拡散。「潰すには惜しい店」「自分の故郷は自分たちで守らないと誰が守るの!」と内藤食品へ熱いエールを送りました。

こうした応援の声が全国に広がり、「納豆には一家言ある茨城人からしても美味い」「通販で注文してみた」など応援・注文が殺到。この流れを受けて更新された内藤食品のブログによると、実は過去にも原油高騰や唯一納豆を作れるお父さんの入院時などに廃業の危機を迎えたことがありましたが、そのたびに卸し先のスーパーや同業者から「いっぱい注文取るから辞めるな」などの激励を受けて続けてこれたのだそう。今回ネットを通じてたくさんの注文が得られたことに、「納豆の糸のようにたくさんの方のご縁で支えられています・・・・!」「これからも、可能な限りで構いませんので。。このオンボロ工場をどうぞよろしくお願いします(*’▽’)ノ」と感謝の気持ちをつづっています。

思ったこと

この会社はこの後どうなるかと考えてみると、しばらくは話題になって収益も改善するでしょうが、みんなが忘れてきたらまた厳しい経営に戻るのではないかと思います。
そうしてまたニュースになって、みんなから助けてもらっての繰り返しでしょうか。

あとニュースに対するコメントで、お金を貸してくれなかった銀行を悪者のように書いている人が結構いましたが、僕はその考えには賛成できません。

そもそも銀行は事業として自分に利があるものに対してお金を貸す訳であって、返ってくる見込みがないと判断すれば貸さないのは当然です。
そこを情けで貸していたら、銀行まで巻き添えを食らうことになります。

もし自分が、事業が苦しいのでお金を貸して欲しいと見ず知らずの人から言われたら、貸すかどうかという話です。
そこは、利息も含めて確実に返ってくるかどうかという判断が入ると思います。

生活費の中から、自分の負担にならない程度だけ出すという人はいるかもしれません。
でも銀行は事業なので、1円の収益でさえも命そのものです。
それを、返ってくる見込みがないと判断した相手に情だけで貸すなんてことをするようだったら、そこの経営能力を疑います。
もし自分がそんな銀行に口座を持っていたらと考えてみると、預金を全額引き上げて別の銀行に移すと思います。

この会社がここから経営を建て直して銀行を見返せるのであればぜひ頑張って欲しいと思いますが、どうもそっちの努力はしていないような気がします。
というのもソースは不確かですが、この会社は過去にも同じようなことになって赤字を出しているというコメントがあったので。
それに銀行からそっぽを向かれたというのも、そういう事ではないかと思います。

こういう周りに助けを求めながらの経営を続けさせるよりは、引導を渡してやるのも優しさではないかと思いました。
でもそれをやったら、半沢直樹では経営者が自殺してましたね。
多分そのドラマの影響で銀行は悪だというイメージを持った人もいそうな気がします。

話は変わって、去年の夏だったと思いますが親がNHKで朝ドラを見ていて、ケーキ屋を開店したい主人公と、融資の鬼と言われる銀行員?農協の職員?とのやり取りがあったのをちらっと見ました。
結局は融資を承認されるのですが、その後お店はお客が入らず、というところまで見て横浜に帰ってきました。
こんな事業計画で融資を承認する職員のどこが融資の鬼だ、それどころかザルではないかと思ったのを思い出しました。
その後このお店はどうなったのでしょうか。
まあ最終回も近い時期だったので、きっと上手くいったんだろうと思います。

商品について

ここの通販サイトを見てみましたが、納豆3パックセットで200円以上というのは自分には高すぎだと思いました。
お金を沢山持っていて、尚且つこの納豆にそれだけの価値があるというのであれば継続して買う人もいるかもしれませんが、少なくとも自分のような庶民を相手にした商品ではないと感じました。
その割には、サイトは手作り感満載の雰囲気だった気がします。

僕は部外者だから適当なことを言えますが、もっとパッケージや販売サイトに高級感を出して富裕層相手に商売をすれば、継続して買ってもらえるのではないかという気がしました。

いくらいい商品を作っても、それを買ってくれる人がいなければ経営は成り立ちません。
僕は商品の製造はやっていませんが、そこが本当に難しいところだと思います。

まあ頑張れるのであれば頑張って、経営を改善できる考えが出てこないのであればお店をたたむしかないのではないかという考えです。

他の話に置き換えてみると

例えばこれが、工場ではなくて投資の話だったとします。

月利10何パーセントとかいう話で資金を集め、結局は利息どころか元本までなくなってしまいましたという場合、みんなの反応はどうなるでしょうか。
きっと、こんな話に騙されてお金を出す奴が悪いと叩かれると思います。

これと本質的には変わらないのではないかと思います。
結局は、元本と利息まで含めて返ってくるかどうかの判断を出資者がしっかりやって、どうするか判断するものだと思います。
一度お金を出してしまったら、出した本人の責任でもあるので。

もし銀行がこの工場に出資をして、その結果銀行の経営状態が悪くなったとしたら、世論は出す奴が悪いという意見にならないでしょうか。

というような事を、このニュースを見て思いました。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*