2015年12月28日の日韓外相会談について思うこと

安倍総理が岸田外相に韓国訪問を指示しているというニュースを年末に聞いて、僅かな期待と大きな不安を持って様子を見ていました。
その結果についていろいろと見方があるようで、僕の考えたことを書いてみます。

政治的な考えとビジネス的な考えの話になります。

世間での見方

これについて簡単に見ると、支持するかしないかのどちらかに二分されると思います。

支持するという人の意見は、これ以降韓国が約束を守らなかったら世界から批判を受けることになるという話のようです。
支持しないという人の意見は、日本がお金を出すことや謝罪したことを批判しているようです。

そして今回の合意については、日本だけではなく韓国内でも意見が割れているようです。
それを日本の国益と考えるかどうかでも、また日本国内の意見が分かれているようです。

僕の考え

その前に、渡邉哲也さんの解釈を見ることがありました。
それによるとかなり深読みしているようで、自分の気付かなかったところも多々ありなるほどと考えさせられました。
ちなみに渡邉さんの考え方だと、国益に反する事にはなっていないので冷静に見るべきだという話だったと思います。

それを踏まえてですが、僕は今回の合意については失敗であり、そもそもわざわざ韓国に行ってまで話をすることはなかったと思います。
と言いながらも、本当に失敗だったかどうかというのは現時点では分からず、これから先変わってくるかもしれません。

拠出する10億円という金額については些細な事・・・でもないのですが些細な事としておきます。
今回の合意によって韓国は蒸し返すことができなくなってしまったと見る人がいて、それは確かに日本にとっては国益になると思いますが、それにしてもそれを取り付けるために謝罪をしてお金を払うと言ってしまった事があまりにも大きな代償になったと思います。
確かに合意内容を深読みすれば日本の国益になるという解釈もできると思いますが、多くの人がそこまで読み取れないというのであれば、その浅読みの解釈が正となってしまうと思います。
実際アメリカでは、日本政府が軍の性奴隷への関与を認め謝罪してお金を払ったと報道されているようです。

ビジネスにおいては、複数の見方ができるような文章を書いてはダメだと思います。
もしそのような文章を書けば、それが将来の揉め事の種になります。
理想を言えば、書いた人の思いとそれを読んだ全ての人の受け取り方が一致するような文章を書くべきです。
これは理想であって、実際にそれをするのは難しいと思います。
それにしても、多くの人が自分の意に反した解釈をしてしまうような今回の合意内容については、完全に失敗だったと思います。

後になってから、「いやいや、それはそういうつもりで言ったのではないんだよ」と訂正もできますが、訂正の方が遥かに大きい労力がかかります。
アメリカでは原爆の使用を正当化するために、昔の日本は極悪非道だったというのを学校で教えていたと思うので、この話の訂正にはさらに労力がかかることが考えられます。

ちょっと政治的な話を

僕は安倍政権を支持していますが、対韓国においてはチョンボが続いている気がします。
つい最近だと、ユネスコの世界遺産登録でも韓国にしてやられていたと記憶しています。

そもそもの話ですが、日本は韓国に構い過ぎではないかと思っています。
現在しっかりと対応しなければならない相手は中国共産党であって、経済面でも軍事面でも日本よりずっと小さい韓国なんかに構っている場合ではないと思います。
かつて最大の脅威はソ連という時代に、中国国民党なんて放っておくべきだったところを盧溝橋事件から支那事変まで戦線を拡大してしまい、それが最終的はアメリカ怒りを買うことになって日本がこてんぱんにやられたという痛い過去があります。
その時と同じような事を、今また繰り返しているように見えてしまいます。
韓国が中共べったりになってしまうと日本への脅威が増すという事が考えられるので断交しろとまでは思いませんが、今のように仲が悪くも完全に離れない程度の距離感を保つべきだったと考えています。

それと、かつて日本を守るために戦ってくれた人たちがやってもいないことを、我々の世代がやったと認めて謝罪したというのは、本当に悔しいし、先人に対しても申し訳が立ちません。
日本政府としてはそういうつもりはないのかもしれませんが、世界はそのように見ています。

僕は安倍さんを支持していましたが、今回の件で彼の国家観に少し疑問を持ちました。
もしくは、誰かに背中から銃をつきつけられて、この件は年内に解決しろと脅されたのではないかとさえ思えてきます。

もしかしたらオバマ大統領がお節介で韓国と仲良くしろと言ってきたのかもしれませんが、そうであったならば会う振りだけはしておいて、やってもいないことはやっていないと貫き通して欲しかったです。
過去にやったことを認めるなと言うつもりはありません。
ただ、いわゆる慰安婦が高給取りだったという証拠が出てきている一方で、軍が強制連行したという証拠が全くない現時点においては、軍が関与したとは言えないしこれについて謝罪もすべきではないと思っています。

今回の件で安倍内閣の支持率は大きく下がり、それによって憲法改正も遠のいたと僕は見ています。
それでも憲法9条の改正は安倍さんにしかできないと思っているので、頑張って欲しいと思っています。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*