年越しの準備

みなさんは準備が進んでいるでしょうか。
僕は少しずつ進めています。

年賀状

年賀状については、前から少しずつ準備を進めていました。
まず予約していた年賀状を10月下旬頃に受け取り、11月は何もしなかったのですが12月に入ってからはデザインを少しずつ考えていました。
最終的に決定したのは昨日でしたが。

ちなみに、病気中は自分の様子をなるべく知られたくなかったのでデザインはネットにあるフリーのテンプレートをそのまま使っていましたが、去年からは1年の間に旅行した写真を入れるなどしています。
今年は、背景と猿のイラスト1つだけはフリーの素材を使いましたが、後の文章等は全て自作です。

それを昨日のうちに全部印刷してから、手書きで一言ずつ付け足していきました。
今朝も昨日の続きで手書きメッセージを記入して、午前中のうちにポストに投函してきました。
トータルで見ても、そんなに長時間はかからなかったと思います。

年に1度の年賀状でしか挨拶しない友だちなどもいるので、今自分がどうしているというのを文章に入れました。

大掃除

今まではお正月の意味が分からなかったので、年越しだからといって特に掃除をすることはありませんでした。
ちなみに実家の大掃除はよく手伝わされていました。

数日前に竹田恒泰さんの動画を見て、実はお正月というのは特におめでたい日ではないというのを知りました。
1年のスタートだから、特におめでたくない日であるところを、あえておめでたくするものだということでした。
「始め良ければ終わり良し」の考えで、スタートで縁起をMAX状態にしておけばそれが1年間続くという考えです。
そのためにも、今年は大掃除をして年神様をお迎えする準備をしようと思います。

掃除をする順番は、まず最初に神棚や仏壇などをすべきだそうです。
神様や仏様の周りを再優先で綺麗にしなければならないのだそうです。
確かに、神嘗祭はまず神様に新米を捧げた後で我々人民がいただくという順番ですね。
また、古くは一番風呂は父親が入るものだったと思います。(僕はそういう時代には生まれていませんが)

もしすでに大掃除を終えてしまい、しかも仏壇や神棚を後にしてしまったという場合でも救済方法があります。
それは、すでにやった大掃除は普段の掃除ということにして、これから大掃除をさせて頂きますと神様や仏様に報告をしてから改めて掃除をする事です。

ところでうちには神棚も仏壇もないので、居間から始めて普通に家中を掃除しようと思います。
うちの大掃除はまだ行っていませんが、28日か29日にやろうと考えています。

その他

後は何かあるでしょうか。

正月飾りを玄関に飾るというのは考えていませんが、やった方がいいのかもとも思っています。
まあこれも、個人の気持ち次第だと思います。

ちなみに年神様というのは、尖ったものを好むらしいです。
門松の竹の尖ったものや、松の葉を飾るのはそのためだということです。
空の上から見て、尖ったものを見つけるとそこの家に行くという事です。

そして家の中で、美味しいお酒を召し上がって頂くなどしてくつろいでもらいます。
ここで家が汚れていると、年神様は「おえ~」と言うかどうか分かりませんがすぐに帰ってしまうという事です。

ちなみに僕はお正月は毎年帰省するので、家の中をどうしようか考えています。

ぜひ縁起MAX状態で新年を迎えて、来年1年をいい年にしましょう。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*