「もしドラ」作者の岩崎夏海さんからメッセージを頂きました

昨日の「もしドラ」を読んだという記事をアップロードした時のツイートに対して、作者様ご本人からメッセージを頂きました。

有名な方からわざわざメッセージを頂けて嬉しかったので、記念にブログ記事にしました。

岩崎さんに対する印象など

いつもの癖ですが、本当に本人か?と思ってまず最初に調べてみました。
まあ軽く見てみたところ、どうやらご本人で間違いないようだと思いました。(岩崎さんスミマセン)

次に、昨日の記事の中で何か失礼なことを書いていなかったかと思って見直しました。
特におすすめしないなどと書いてしまいましたが、全体的に見ると肯定的な意見のつもりなので、まあいいだろうと思いました。

岩崎夏海さんについては名前を顔を少し知っているぐらいでした。
もし僅かでも批判的な内容があった場合に叩くようだと僕もがっかりしたと思いますが、単純にお礼を言ってもらえただけだったのできっと良い方なんだろうと思います。
岩崎さんのtwitterを見てみると、肯定的な意見も否定的な意見も両方リツイートされていたので、批判も受け止めて自身の成長の糧にするような方なんだろうと思います。

あとは、こちらからメッセージを送ったわけでもないのに、恐らくtwitterから「もしドラ」というキーワードで僕のツイートを探してもらえて、しかもメッセージまで送ってくれるというので、きっと律儀な方なんだろう思いました。

以下、その時のやり取りです

まず僕が返事をしたら、それに対してまたお返事を頂きました。

ここで返事をすると、また返ってくるのではないかと思いました。
それはそれで嬉しいのですが、きっとお忙しいだろうからそれも申し訳ないという気持ちです。

それで返事しないでしばらく別のことをやっていたのですが、やっぱり気になって返事することにしました。

そうしたら、やっぱり返ってきました(笑)。
とても律儀な方です。

思ったこと

こうやって簡単に作者の方とメッセージのやり取りができてしまうというのに、時代の流れを感じました。

twitterがなかったとしたら、わざわざメールを送らなければ届けられなかったと思います。
それに返事をするというのは少し手間になると思います。

インターネットがない時代だったならば、はがきや手紙を使うしかありません。
それに返事をするとなると、手間だけでなくお金もかかってしまうので、ほぼ無理だったと思います。

それが今こうやって、こちらからメッセージを送ったわけでもないのにわざわざお返事を頂けて、お互いの時間的、精神的な距離が近づいたという感じです。
これはプラスの面もマイナスの面も両方あると思いますが、今回は自分にとってはプラスであったと思います。

岩崎さんがどのような思想をお持ちなのかは分かりませんが、今回の件で人間的にはファンになりました。
twitterで返事した通り、また岩崎さんの作品で何か気になったものがあれば読んでみようと思いました。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*