2014年台湾旅行記9 中正記念堂、総統府など

前回の記事の続きです。
1年以上前の旅行記のまとめが未だに終わらないというのもどうかと思うので、年内にはまとめ終えようと思っています。

中正記念堂駅まで

ここから4日目なので、ホテルから出発です。
ホテルから目的地までの写真をいくつか貼っていきます。

例によってバイクがたくさんです。

果物とジュース屋さん?

セブンイレブンと、北海道ソフトののぼりです。

MRTはまだ新しくて綺麗な電車でした。

中正記念堂駅です。

この駅は淡水信義線と松山新店線が止まって、それぞれの線で北行きと南行きが別の階になっています。
上の写真が南行きで、その上の階になるこの写真が北行きです。

中正記念堂

中正とは蒋介石の事で、その大きな銅像がある所です。
日本では蒋介石という名前で習いますが、ウィキペディアによると介石というのは字(あだ名みたいなもの)のようで中正というのが正式な名前みたいです。

地下鉄から行くと横の方から地上に出るのですが、正面にこのような門があります。

そして、こんな感じの広場になっています。

両側の建物、右がコンサートホールで、左が劇場のようです。

これがコンサートホールです。

そしてこれが劇場です。

そしてメインの中正記念堂です。

まだ新しい建物のようですが、結構大きいです。

新しいというのも当然で、蒋介石が死去したのが1975年で、この建物ができたのが1980年のようです。

入るのにお金は不要です。

あとこれをよく見てみると、衛兵の交代が1時間毎にあるようです。

中はこんな感じで、蒋介石像の両側に中華民国の国旗と、ちょっと離れた左右に衛兵が立っています。


写真だとなかなか伝わらないと思いますが、結構大きい像でした。

こんな感じで衛兵と一緒に写真を撮ってもいいようですが、ちょっかいを出すのはやめましょう。

天井には、国旗にもある中華民国の国章である青天白日の紋章がありました。

これだけではなく、この下の階はいろいろな資料が展示してあったりおみやげ屋さんがあったりしました。
写真だけいくつか貼っていきます。




最後に、外からの写真です。

この門の後ろには道路があって、観光バスがたくさん止まっていました。

総統府

中正記念堂から総統府へは歩いて行けます。

途中、外交部(日本で言うところの外務省)の横を通りました。

この辺りは政府系の建物が多いようで、至る所で国旗が掲揚されていました。

その先に、介寿公園というところがありました。


今調べて知りましたが、この像の人は林森という中華民国の主席だった人のようです。
この時は、この人誰なんだろうと思いながら、とりあえず写真だけ撮っておきました。

そしてその先には総統府です。



これも写真だとなかなか伝わらないと思いますが、結構大きな建物です。

この建物は、かつて台湾が日本だった頃に日本が台湾を統治するために建てたもので、今でも総統府として使われています。
そしてこの建物の中を見学することができるのですが、見学するには3日前までに予約が必要になります。
僕がここに行こうと決めたのは前日の夜だったので、中に入ることはできませんでした。
もし見学しようと考えている場合には、ウェブサイトから予約できるので忘れないようにしましょう。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*