問題の原因をどこにあると考えるべきか

最近のニュースで気になったものがありました。

まずはニュースの内容

痛いニュースからです。

フジ亀山社長 「低視聴率のきっかけは東日本大震災」

 フジテレビの亀山千広社長(59)が27日、定例社長会見に臨んだ。開局以来初めて営業利益で赤字に転落したことについて、視聴率低下のきっかけは何と思うかと質問を受け、私見とした上で「(東日本大震災のあった)3月11日ではないかなと思います。やっぱり、今までの押し出してきたワクワク感だったり、ドキドキ感だったり、少し浮き世離れしたお祭り感がどこかで絵空事に見えてしまうようになったのかなと思います」と述べた。

フジテレビと言えば、1980年代以降で特に「オレたちひょうきん族」やバラエティー番組や「月9」に代表されるようなトレンディードラマなど、スターが顔をそろえる“派手な”キャスティングが局の特徴となっていた。「楽しくなければテレビじゃない」とのキャッチコピーもあった。

亀山社長は「すべてが震災(が原因)ではないと思う」とした上で、「その時、(視聴者の)気持ちをくみ取ることができていたのか、いないのか。テレビを楽しみにしていた人たちの期待感は助け合ってる人たちや頑張ってる人を応援することだと思うんですよね」と、震災後のニーズをとらえきれなかったと反省した。

テレビ離れが指摘される10代、20代をメーンターゲットにしていることが原因ではとの質問も出たが、「誤解があると思うが、10代、20代がメーンターゲットではないです」と明言。番組の枠ごとに、ターゲットを明確にしていると説明し、「お年寄りにも目を向けてもらいたいし、(製作スタッフには)実家にいるお父さん、お母さんにほめてもらう番組をつくることが、その層を取り込むことになると口酸っぱく言っている。ただ、若い人も意識しないと、未来につながらない」と語った。

元はYahoo!ニュースから、さらに言うとデイリースポーツからでした。

これに違和感を覚えました

内容はさておき、視聴率低下の原因を外部にあると言ったことに「ん?」と思いました。

起業する際に、責任は全て自分にあると考えることが大事だとよく言われています。
逆にこれができないようだったら、雇われている方がいいでしょう。

何故これが必要かというのは簡単です。
問題の原因が自分以外のところにあるとしてしまうと、こちらとしては対策のしようがなくなってしまうからです。
そうなると現状を甘んじて受けるだけになってしまい、問題の改善も自分自身の成長もなくなってしまいます。

僕みたいな吹けば飛ぶような個人事業主ですらそう考えているのに、一部上場企業の社長がこんな事を言っていて、この人はどうやって社長にまで上り詰めたんだと非常に疑問に思いました。

ちなみに、もし東日本大震災が本当に原因であったならば、他のテレビ局も同じようになっているはずです。
と思って試しにテレビ東京の決算の推移を見てみたら、売上も利益も上り調子でした。
そんなのテレビ局の社長であれば当然知っているはずです。

とここまで書いて、本当は原因を知っているけどわざわざマスコミに公開することではないと判断したのかもしれないと思い始めてきました。
とは言っても赤字になったというのは事実なので、やっぱり社長の考え方もしくは他のところに何か問題を抱えているんだろうと思います。

もし亀山社長が本気でこう思っているのであれば、僕が社長をやった方がまだ上手くできるんじゃないかとさえ思えてきます。
まあフジテレビがどうなろうと僕の知ったところではないのですが(笑)。

まとめ

他所の会社のことは置いておいて、自分は成長を続けるだけです。
これから問題がごまんと出てくると思いますが、それに1つずつ対処していき、その過程で問題の解決能力を身に着けていくだけです。

これからも精進しますと言うことで、この話の着地点とします。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*