2014年台湾旅行記8 タイペイ・アイ

ここに行ったのが2014年11月19日でした。
という事で1年経ってしまいました。

タイペイ・アイで当日券を購入

実はこの場所がホテルから歩いて5分ぐらいのところだったというのもあり、この国の伝統芸能っぽいものも見てみたいという事でこの日の最後の予定に入れていました。

という事で午後6時半ごろ故宮博物院を出てから、MRTで民権西路駅の次の双連駅まで行って、そこから会場まで歩いて行って当日券を買いました。

料金は550NT$(2,200円)です。
月水金曜日と土曜日にしかやっていないようなので、予定に入れる場合は注意してください。
こちらから確認してください。

午後8時半開演でまだ時間があったので、チケットを買った後は一度ホテルまで戻りました。
歩き疲れて足が棒のようになっていたので、休みたかったという理由です。

そしてホテルでしばらくゴロゴロとして、8時前ぐらいに再び出発です。
出発と行っても、歩いて5分ぐらいで着く場所ですが。

再びタイペイ・アイへ

8時頃に着きました。

ホール入り口では、音楽の演奏をしてくれていました。

座席は全席自由です。
が、旅行会社かどこかの予約席というのが、真ん中の結構いい位置に2~30席ぐらい表示してありました。
ぼくが選んだ席は、前3列の後ろに通路があって、その後ろのブロックの2列目です。
1列目までは前3列と同じ高さで、2列目から少し高くなっていました。

そして、ぼくが座った位置から前と後ろを撮りました。
ホールの大きさが何となく分かると思います。

ぼくが見た演目は、セリフ無しの演技だけでの表現でした。
しかもストーリーを書いた紙をくれたので、内容はよく分かりました。
日本語版はこんな感じです。
IMG_20151122_174056

内容は上の写真を見てもらえれば分かると思いますが、楽しいお話でした。

公演中

フラッシュを使わないならば公演中も写真撮影ができます。
という事で何枚か撮ってきました。

この写真を見て分かるように、中国語、日本語、あと左側には英語と韓国語だったかな?で、今どのシーンをやっているというのを表示してくれます。



最後に、獅子の中でこんな動きをしていたというのを見せてくれました。

こんな感じで、約1時間の公演が終了しました。

この日の晩ごはんとおやつ

鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)というお店に入りました。
このお店、日本にも石川県に2店舗あるようです。

注文したのはこちらです。

魯肉飯、水耕A菜、菜頭湯というメモがしてありました。
ご飯葉物スープの定番の組み合わせです。
これで料金は115NT$(460円)でした。

味は美味しかったけど、魯肉飯なるものが少し癖があった気がするので(さすがに1年前の味覚の記憶は曖昧になっています)苦手な人もいるかもしれません。

その後、ホテル近くのセブンイレブンでおやつを買ってホテルに戻りました。

マンゴービール37NT$(148円)、あずきと芋?のアイス20NT$(80円)です。
マンゴービールは、ビールと言いながらジュースのようでした。

以上で3日目終了です。
万歩計は19,851歩になっていました。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*