第二種電気工事士 平成27年度下期筆記試験の複線図問題を解いてみます

ブログネタに困ったときはこのネタだと思って、複線図問題を解いてみることにしました。

前回平成27年度上期をやったので、今回は平成26年度下期をやろうと思ってサイトを見たら、最新の平成27年度下期の問題と解答が公開されていました。

ぼくは初見の問題になりますが、解いてみます。

その前に平成27年度下期筆記試験の結果から

まずは、平成27年度下期筆記試験の結果を見てみました。

受験者が39,447人に対して合格者が20,364人でした。
という事は、20,364÷39,447=51.62%です。

ちなみに平成27年度上期筆記試験の合格率は、49,340÷79,002=62.45%でした。

ぼくが試験に向けて勉強していた頃から、毎年下期の方が上期より難しいと言われていましたが、ぼくにはその違いがよく分かりませんでした。

あと、去年までは下期の受験者が2万5~6千人だったのが、今年から急に増えています。
確か申込期間が去年までは上期と下期が同時だったのが、今年からは下期は下期で申込期間が設けられたんだったと思うので、それが原因かと思います。

というわけで問題を解いてみます

例によって、複線図を書かずに問題を解くというのをやってみます。

まずは手順の確認です。

1.白線をスイッチ以外に引く
2.黒線をスイッチとコンセント(常時点灯の器具)に引く
3.スイッチを対応する器具を繋ぐ
4.三路スイッチ、四路スイッチがあれば渡す

配線図

こんな感じの図です。
haisen
一般の住宅のようです。

問37 最少電線本数問題

haisen2
⑦で示す部分の最少電線本数を問われています。
ということで改めて配線図を見てみると、ノとハのスイッチが何やら菱型になっています。
これ何だっけ?と思いましたが、一度試験問題を開いたならば調べることは許されないということで、とりあえず普通のスイッチと考えて解いてみます。
ちなみにこれについては、その下の問38で問題になっていました。

まず電源からの白線を考えると、jから上のボックスに伸びて、そこからノの蛍光灯とハのDLにそれぞれ分かれます。
なので、⑦の部分は0本です。

電源からの黒線を考えると、jから上のボックスに伸びて、そこからノとハのスイッチに伸びます。
なので⑦の部分は1本です。

あとはスイッチと対応する器具を繋げます。
ノのスイッチからノの蛍光灯までで⑦を1本通ります。
ハのスイッチからハのDLまでで⑦を1本通ります。

以上から、合計3本ということでと解答します。

答え合わせは後でやります。

問45 最少電線本数問題

haisen5
⑮で示す部分の最少電線本数です。
この玄関付近の配線で、電源はcであるということをまず確認しておきます。

まずちゃんと考える前に、cのすぐ左の⑰のボックスからその左上の⑯のボックス部分に電源からの白線と黒線を引っ張って2本、あとコのスイッチと右下のコのCLを繋げるのに1本の、合計3本という予測を立ててから解いてみます。

電源の白線を考えると、cから⑰ボックスに伸ばして、そこから上のコンセント、⑯のボックス、⑥のボックス、右下のCLにそれぞれ分かれます。
なので、⑮の部分は1本です。

電源の黒線を考えると、cから⑰のボックスに伸ばして、そこから上のコンセント、⑯のボックス、⑥のボックスにそれぞれ分かれます。
なので⑮の部分は1本です。

あとはスイッチと対応する器具を繋げますが、クケのスイッチと器具は⑯のボックスで閉じていて、サのスイッチと器具は⑥のボックスで閉じていて、ヌのスイッチと器具は2階だけで閉じています。
唯一、コのスイッチだけがまず⑯のボックスに伸ばして、そこから右のDLと右下のボックス→右下のCLと接続する必要があります。
以上から、⑮の部分は1本です。

以上を合計して、3本ということでと解答します。

問46 コネクタ問題

haisen3
⑯で示すボックスを差込形コネクタで接続する際のコネクタの種類と数の問題です。

⑯のボックスについて注目して、⑰のボックスを電源と見なしてしまいます。
ただ唯一右下のCLは電源よりもさらに向う側にあるというのは注意です。

電源からの白線を考えると、⑯に行ってからクケコそれぞれの器具に枝分かれします。
ということで、4本用が1個です。

電源からの黒線を考えると、⑯に行ってからクケコのスイッチに行きます。
クケコのスイッチへはそれぞれ渡り線を使えばいいので、⑯から伸ばすのは1本だけで大丈夫です。
ということで2本用が1個です。

あとは対応するスイッチと器具を接続します。
まずクのスイッチから照明に伸ばすので、2本用が1個
ケのスイッチから外の照明に伸ばすので、2本用が1個
コのスイッチから⑯右のDLと⑰右下のCLにそれぞれ伸ばすので、3本用が1個

以上から、2本用が3個、3本用が1個、4本用が1個ということでと解答します。

問47 スリーブ問題

haisen4
⑰をリングスリーブ接続する際の、スリーブの種類と個数です。
使用する電線は全てVVF1.6です。

この部分の配線を全体的に見てみると、問45でも考えましたが⑰のボックスから分岐した先のボックスや器具内でほぼ全て閉じています。
唯一、コのスイッチと器具の接続だけが⑰のボックスを通ります。

電源の白線を考えると、cから⑰に来て、そこから上のコンセント、⑯、⑥、右下のCLに分岐します。
1.6を5本接続する必要があるので、中スリーブ1個です。
刻印はもちろん中です。

電源の黒線を考えると、cから⑰に来て、そこから上のコンセント、⑯、⑥に分岐します。
1.6を4本接続するので、小スリーブ1個です。
ちなみに刻印は小です。

あとはコのスイッチから右下のCLに接続するのに⑰を通ります。
1.6を2本接続するので小スリーブ1個です。
ちなみに刻印は○です。

以上から、小スリーブ2個と中スリーブ1個の、と解答します。

というわけで答え合わせします

まず始めに宣言しておきますが、もし上記の解答が間違っていたとしてもそのまま公開します。
なので若干ドキドキしています。
もちろん間違えたままにしておくと後から見た人の誤解を招くので、間違えたというのを残しつつ訂正はしておきます。

では解答を見てみます。
haisen6

無事に正解できていました。

考え方を一々文章にして書いたのでこのやり方は面倒臭そうに見えるかもしれませんが、実際は単線図を見ながら線を想像していくだけなので、面倒くさいことはありません。
むしろ図を書くよりも楽だと思います。

複線図の問題は、しばらくやらないとすぐに忘れてしまいます。
平成27年上期に合格した人でもう複線図を忘れてしまったという人は、少なからずいると思います。
ぼくは一度解き方を理解したので、後は必要があったらその都度図の見方を確認するというのでいいかと思っています。
ただ、たまにこうやってブログで問題を解いてみたりすると、忘れていたものを思い出したりします。

あと問37で疑問に思った菱型のスイッチですが、問38と解答によるとワイド型調光器となっていました。
調光器というと、つまみを回して明るさを調節できるやつの事で、図記号には斜めの矢印が入ると思うのですがこれには入っていません。
なのでワイド型点滅器ではないかと思うのですが、この問題の選択肢にワイド型点滅器というのはありませんでした。
実際のところどうなんでしょうね?

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*