ハロウィンもいいけど

昨日10月31日はハロウィンだったそうです。

ということでニュースです

痛いニュースからです。

【画像】 ハロウィン参加者がゴミ放置で住民激怒…渋谷がゴミの山でブチギレ「ひどい仕打ちだ」

どこからともなく仮装した集団がやってきて、バカ騒ぎしてゴミ散らかして帰っていったならば、そこの住人もキレて当然です。
ぼくはハロウィンについて詳しくありませんが、恐らく騒いだ人たちもハロウィンの意味なんてどうでもよくて、ハロウィンという名の仮装大会をやっているだけではないかと思います。

いつかサッカーの国際試合で、負けた日本のサポーターがゴミを片付けていたというので、日本人が賞賛されたニュースがあったと思います。
こういうのが外国で報道されたら、日本人もこの程度かと思われてしまいます。
これだと、他の国の民度ガーとか笑っている場合ではないと思います。

ハロウィンをやるべきかやめるべきか

これについては個人的な意見ですが、お祭りをすることには反対ではありません。
ぼくも商売をしている以上、企業が営利目的で仕掛けたとしてもそれを否定はしません。
海外のお祭りを日本なりにアレンジして楽しむというのは日本人のいいところだと思います。

ですが、最低限周りに迷惑をかけないようにするというのは守るべきだと思います。
それも、それこそが世界に誇れる日本人のいいところだと思うので。
と言っても、最近の若者は日本に誇りを持っている人なんてあまりいないだろうから、仕方のない事でしょうか。
「最近の若者は」という言葉を使い出したら、ぼくもジジイです(笑)。

企業も企業でただハロウィンを広めて投げっぱなしにするのではなく、街を綺麗にするところまでセットで広めるべきだったのではないかと思います。
どうやってそれを実現するかは知りませんが。
内輪で盛り上がるだけではなく、周りからも賞賛されるようなイベントにできたならば、広告代理店サマサマという評価になったと思います。

それよりも他に祝うことがあるでしょう

バレンタイン、ハロウィン、クリスマス等、みんなでお祝いするのはいいです。
でも日本人ならば、紀元節や天長節などを祝うべきじゃないでしょうか。

日本という国家ができた日と、日本国の象徴であらせられる天皇陛下の誕生日をもっと祝おうよと思います。
外国では、みんな自国のこういう日を祝っていると聞きます。
でも残念ながら、日本が戦争で負けてからは自国に誇りを持てるような教育をすることを禁止されて、それが未だに続いています。
ぼくも、こういう考えを持てるようになったのはつい最近です。

ぼくはあと2ヶ月で40歳になりますが、ぼくと同じような年齢でもまだ日本国に誇りを持っていないという人はいくらでもいると思います。
本当、アメリカは日本に対して何てことをしてくれたんだと思います。

いつになったら敗戦国の呪縛から解き放たれるんだろうかと思います。
ただ過去を嘆くだけでは何も変わらないので、一人ひとりが目覚めるしかないのかなと思います。
そして身近なところから、学校では教えてくれなかったこれらの事を伝えていくのがいいのかなと思います。

Windows95の頃からインターネットが普及し始めて、今ではほぼ誰でもネットから情報を得ることができるようになりました。
これがきっかけで、日本が少しずつでも変わってくれれば嬉しい限りです。
インターネットがなかったならば、もしくは金盾のようなものが日本にもあったならば、ぼくも今でも日本が悪い、原爆落とされても仕方がないと思い続けていたと思います。

ということを、これに関するいくつかのニュースを見て思いました。

ちなみにですが、ぼくの思想は右でも左でもありません。
自分ではど真ん中だと思っています。

外国がどうこうではなくて、ただ日本が好きというだけです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*