ゴキブリ対策の結果

今回は、1年ちょっと前に施工したゴキブリ対策の結果報告です。

1年前の施工

詳しくはこちらの記事を見てください。
livedoor Blog時代の記事なので、若干フォーマットが崩れています。

簡単に説明すると、玄関ドアの四方が隙間だらけだったのをスポンジで塞いだというだけです。

ホームセンターですき間用のゴムの何だのと買ってきたけど、結局は100円ショップのドア用スポンジが一番使い勝手が良かったです。

当初は、ドアに思いっきり体重をかけないと鍵がかけられない状態でした。
1年経って、以前ほど体重をかけなくても鍵はかけられるようになりました。
外からならば膝で軽くドアを押せば鍵がかかるようになり、内側からならばノブを引きながら同じ手でサムターンを回す事ができるようになっています。

対策の効果は

まず例年ですが、室内で見るゴキブリは1シーズンで3~5匹ぐらいでした。

そして今年は・・・
今のところ室内では1匹だけ見かけました。

もうこの建物も築40年近くになと思うので、玄関の隙間だけを塞いだところで他にいくらでも隙間があります。
なので、ある程度は仕方ないと思っています。

今までは3~5匹だったのが今年は1匹に減ったということ、つまり1/3~1/5に減ったという事です。
これは効果があったと見ていいのではないかと思います。

その他の問題

ゴキブリはただ気持ち悪いだけで、それで実害を被るわけではありません。
それよりも、ムカデがごくまれに入ってくるのが怖いです。

もうここに住んで14年になりますが、寝ている時にムカデが身体を這ってきて顔まで来たことが1度と、今年はPCを見ていたらTシャツのお腹のあたりまで這ってきて何とか払いのけたという事がありました。
ムカデは下手したら怪我するのが怖いです。

この部屋のガラス戸と枠も恐らく建築当時のもので、今のものと比べたらかなり隙間が開いています。

築年数が古いのは別に気にならないし、ぼくはフローリングよりも畳の上でベタッと座れる方が好きなので今の部屋は気に入っているのですが、隙間から虫が入ってくるのだけは何とかならないものかと思います。

ガラス戸を枠ごと交換するとなるとそれなりの出費になるので、我慢すべきところでしょうか。
実際、自分のアパートの入居者さんが、虫が入ってくるからガラス戸を枠ごと交換して欲しいと言っても、甘えたこと抜かすなと思うでしょう。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*