eBayに出品する際の送料の設定方法

この送料の設定については、慣れるまではなかなか分かりにくいところだと思います。

ヤフオクならば、商品説明のところに送料を書いておいて(書いてない人もいますが)、落札された段階で確定送料を連絡するという流れだったと思います。
eBayの場合は基本全自動なので、出品する段階で送料まで細かく設定しておく必要があります。

eBayでの送料設定の概要

eBayはアメリカのサイトです。
なので、アメリカ国内の送料と、アメリカ以外に発送する場合は国外の送料とをそれぞれ設定する必要があります。

Worldwideの発送はしないという設定はできるのですが、アメリカにおいての国内と国外なので、少なくとも日本からの出品者はアメリカには絶対に発送できるようにしておかなければなりません。

あと、eBayの送料は出品ごとに設定するようにはなっていません。
Shipping policyという送料パターンのようなものを作っておいて、それぞれの出品でどのShipping policyを使うかというのを選択して送料を設定します。

日本郵便の料金について

日本郵便のサービスを使って日本から外国に物を送る場合、小形包装物ならば3つの地域に、EMSならば4つの地域に分けて考えます。
それぞれの地域ごとに、料金が決まります。

小形包装物の場合です。
第1地帯がアジアです。
第2地帯が北中米、中近東、オセアニア、ヨーロッパ、ロシアです。
第3地帯が南米、アフリカです。

EMSの場合は、小形包装物の第2地帯が2つに分かれます。
第2-1地帯が、北中米、中近東、オセアニアです。
第2-2地帯が、ヨーロッパ、ロシアです。

これらの3つまたは4つの地域ごとに、そしてサービスごとに送料を設定します。

よくありがちなのが、小形包装物のSAL便、国際eパケット、EMSで送りますよという出品です。
ぼくも最初これを真似していたのですが、そうすると3+3+4=10パターンの送料を設定しなければならなくなります。

ぼくが今主に設定している方法は、国際eパケットかEMSの2種類のサービスです。
そして、国際eパケットをEconomy、EMSをStandardとしています。
国際eパケットの送料は商品代金に含めてしまい送料無料としておいて、EMSで送って欲しければ国際eパケットとの差額だけもらうようにしています。

送料設定の詳細

ここからスクリーンショットを使って説明していきます。

出品ページにCreate shipping policyというリンクがあるので、そこをクリックしてShipping policyを作成します。
以前作ったものが使えるようならば、プルダウンでそれを選んで適用することもできます。

以下、Shipping policyの作成画面です。

Policy nameの設定

shippingpolicy1

Policy nameのところに、自分が分かるような名前を付けます。
ぼくは「1day 800g ePacket 0, 0, 0, 3, EMS 3.5, 5.5, 7.5, ask」とかいう感じで付けています。(数字は適当です)
Policy descriptionは、どうせプルダウンでは見えない部分なので空欄で構いません。

アメリカ国内の送料設定

Domestic shippingの設定です。
shippingpolicy2

国内、つまりアメリカ国内への発送の設定です。
ぼくはとりあえずこの画像のような設定にしています。

Each additionalのところは、商品2個が以上の場合に1個あたり追加する金額です。
例えばCostを5ドル、Each additionalを3ドルに設定した場合、1個の送料は5ドル、2個の送料は8ドル、3個の送料は11ドルとなります。
ここを空欄にすると、2個の場合は1個の送料の2倍、3個の場合は3倍になります。
複数個出品しないならば、特に気にしなくていい部分です。

あと注意するところはHandling timeです。
これは、入金から何日以内に発送しますという日数です。
ぼくは最近は1 business dayにしていますが、入金翌日の23:59までに発送するよという事です。
ちなみにこの時間というのはPST(太平洋標準時)またはPDT(太平洋夏時間)になるので、ちょうど今の夏時間であれば0時が日本での午後4時になります。

あとSame business dayというのは、入金されたその日に発送するという事です。
と言っても23:58に入金されたら23:59までに発送しろというのは無茶なので、そのようにはなっていません。
確か14時がデッドラインで、それ以前の入金だったら当日の23:59までに発送しなければならなくて、それ以降の入金だったら翌日の23:59までに発送すればよかったということだったと思います。
夏時間の場合に日本時間で言うと、午前6時までに入金されたものについてはその日の16時までに発送しなければならず、午前6時を過ぎたならば翌日の16時までに発送すればいいという事ですね。
ただし、TRPになるための条件は1 business day以内の発送でよかったと思うので、それ以上頑張る意味はあまりないような気もします。

国際発送の設定

International shippingの設定です。
shippingpolicy3

地域別に送料を設定したいので、Choose custom locationを選択して、下のチェックボックスから地域を選択してそれぞれのサービスと送料を設定します。

このチェックボックスの中で、N. and S. Americaについては気をつけてください。
これは北米と南米ということらしいのですが、Canada、Mexico、Brazilのチェックボックスがあるのでそれ以外の北米と南米という事で、アメリカ合衆国から発送する場合はこれらの地域をまとめて送料設定するようです。
ところが日本から送れば、北米と南米で料金が変わります。
なので、両方ともFree shippingにするとかで料金を揃える場合以外では、ここにはチェックを入れないようにします。

送料の設定を追加したい場合はOffer additional serviceをクリックすると、入力欄が1つ追加されます。
これで最大5個まで追加できるようになっています。
ぼくは、Economyについてはチェックボックスの地域は全部(N. and S. AmericaはFree shippingで揃う場合のみ)追加して、追加できなかった分については問い合わせてくださいとしています。

それがその下のAdditional ship to locations – buyers contact for costsです。
ぼくはここでWill ship to worldwideを選択しています。
そうしたら、上のチェックボックスにない国の人が買いたいという場合には問い合わせてもらうことができます。

その他

その他の設定項目です。
shippingpolicy4

このShipping rate tablesというのは使いません。
ここで設定するのは、荷物の個数あたりとか重さあたりの料金を設定しておいて、あとは個数なり重さなりで料金を出すというものだったと思います。

ぼくは最初、これで上の5通りよりももっと細かく料金設定できるからいいじゃんと思って設定して使っていたのですが、このテーブルを変更すると全出品の送料が変更されてしまうというものでした。
要はアカウントごとにテーブルを1パターンしか設定できないというもののようです。
なのであまり使えないと思います。

あとはExclude shipping locationsでは、送らない国を設定することができます。
ぼくは特に設定していません。
チェックボックスにない国から問い合わせがあった場合は、日本郵便のサイトで国別情報を確認してから、送れないようだったらごめんなさいすればいいと思います。
どのサービスでも送れないというような国はなかなかないと思いますが。

送料に設定する料金について

これについても書いておかなければなりません。

例えば、EMSで500gの荷物をアメリカに送るのが1,500円だから、今の為替レートの120で割って12.5ドル・・・と設定すると、損します。
というのも、この送料にもeBayとPayPalそれぞれの手数料がかかるからです。
1,500円の15%引きは1,275円なので、送料としてもらえる分が実際にかかる金額より200円以上も安くなってしまいます。

両方合わせて手数料で15%引かれると考えると、逆算して17~8%増しの料金を設定する必要があります。
1,500円の18%増しだと1,770円なので、これを120で割って14.75ドルとするのがいいと思います。

あとeBayでは、確か特定のカテゴリでは送料の上限があったと思いますが、梱包などにかかる手数料も送料に含めていい事になっているので、ある程度高めの送料を設定することもできます。
ただあまりに高くし過ぎると、バイヤーから不満を買ってDSRの送料のところで低評価を付けられる恐れがあります。
なので、あまり高すぎない適切な送料を設定しておくのが一番いいでしょう。

こんな感じでPolicyを作ってから、それを出品に適用します。
一度作れば、あとは同じような重さの商品を出品する場合には同じPolicyを適用することができます。

このPolicyというものがぼくはしばらく分からなかったので、送料の設定も訳が分かりませんでした。
よくeBayの解説サイトでこれらの設定方法が説明されていたりするのですが、Policyという説明が出てこないので出品ごとの設定かと思ってしまいがちです。

重さであったり、商品のサイズによっては小形包装物が使えなかったり、あとはアメリカのみの発送にしたいとか、送料設定をいくつかのパターンにできると思うので、それぞれでPolicyを作ればあとはそれを適用するだけです。
一度作ってしまえば、後は楽に出品できるようになると思います。
ぼくはまだ出品のたびに微妙にちょこちょこといじっているのでPolicyが固まってはいませんが、決まれば数パターンの中から選ぶだけになると思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Hideaki より:

    初めまして。eBayでの出品を考えておりましてます。あれこれやっては見たのですがなかなかうまく行かなく、失礼とは思いましたが連絡させていただいております。おっしゃるように送料の設定で行き詰りました。当方シングル盤のレコードを出品しようと考えております。1枚の送料が$6.50でその後1枚ごとに$1.00加算です。これは多くの方がそうしてますので。とりあえずアメリカだけ設定してあとはオークション終了後invoiceで送料を記入して送るって事は可能でしょうか(アメリカ以外の方が落札された場合)。また最初の画面に出てるまま(送料$4.00)何も変更しないで出品して、オークション終了後invoiceで送料を記入して送るって方法は可能なのでしょうか?もちろんこれらの場合、商品の説明文に、送料は$4.00ではないって記入しておくのですが。15年くらい前には何枚か売った経験が有るのですがその頃は簡単だったのですが…..eBayでは買う方ばかりで売る方はほんと久々です。何かアドバイスいただければ幸いです。

    • くれもな より:

      >Hideakiさん

      コメントありがとうございます。

      Shipping Policyで、まずDomestic shippingだけは設定しておきます。
      そしてInternational shippingのプルダウンを「Flat:same cost to all buyers」にしてから詳細は設定せずに、Additional ship to locations – buyers contact for costsの部分を「Will ship worldwide」にしてみるとどうでしょうか。
      そうすると、アメリカのバイヤーが落札した場合には設定通りの送料になり、それ以外の国のバイヤーが落札した場合にはinvoiceが届くまで払えないようになるような気がします。
      自分自身このような設定にしたことがないのでもしかしたら間違いがあるかもしれませんが、多分これで行けると思います。

      あとeBayの話は別のブログ(http://ebayexport.net/)に移行しているので、そちらも参考にして頂けたら幸いです。

      • 匿名 より:

        早速のご返事ありがとうございます。やってみます。実はyahoo!で年末年始に売ったのですが思った金額では売れませんでした。全てアメリカのバンドのシングルのレコードなのですがやはり、ebayで売った方がお金になりそうな気がして。また分からなければ教えてください。ありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    何度もすみません、今回また出品をこころ見たのですが、おっしゃるようなShipping policy の言葉(画面)が見当たりません。なぜでしょう?私が見てる画面が違うのでしょうか?もしShipping policyに行ける方法等ご存知でしたらお教えください。

    • くれもな より:

      >Hideakiさん

      出品画面で、「Add shipping details」という項目は見つかりますでしょうか。
      この中の「Shipping policy」の項目の下の方に「Create shipping policy | Edit selected policy | Edit shipping cost for this listing only」というリンクがあるので、一番左をクリックすればShipping policyを作ることができます。

      もしくはMy eBayのAccountからBusiness policiesの画面を開いて、ここでShipping policyを作っておいてから、出品画面で作ったものを選択するという方法もあります。

      やってみてください。

  3. 匿名 より:

    ご丁寧にありがとうございます。残念ながら、私の出品画面で、「Add shipping details」は表示されていません。またMy eBayのAccountにBusiness policiesの表示もありません。eBayをやりだして15年以上になりますが、買うことがメインで売ったのは15年くらい前です。それが何か影響してるのかもしれませんね。ほぼあきらめ気分です(笑)。eBayではぜった売れるのですが。もう少しやってみます。

    • くれもな より:

      >Hideakiさん

      最初のコメントに入れてもらえたメールアドレスの方にメールを送っています。
      そちらを確認してみてください。

  4. 匿名 より:

    ありがとうございます。やってみます。そのページには行けるみたいです。

  5. 匿名 より:

    設定できました。ご親切にありがとうございます。今回はとりあえずダブっている物を出品してみようと思ってます。最終的には持ってる物全て(約3000枚)出品しようと思ってます。ただし出品するのにも時間がかかりそうですが。今回は色々と教えていただき感謝しております。また分からない事があれば教えてください。(paypal口座から日本円にして引き出すことはめんどくさそうですね)。ありがとうございました。

    • くれもな より:

      >Hideakiさん

      お役に立てたようでよかったです。

      3000枚もあるのならば、それなりの収入になりそうですね。
      PayPalから円で引き出すのも、簡単にできると思います。

      僕に分かることであればお答えしますので、また何かあれば聞いてください。

  6. 匿名 より:

    今日オークションが終わりました。とりあえず6枚出品してすべて売れました。大した値段にはなりませんでしたが(笑)。やはり私の設定がいけなかったようです。アメリカの方が2人落札してくださったのですが送料は$4.00のままでした。結局invoice送る所で修正して送れました。この方法で当面はやるしかなさそうです。それとイタリアには送らないって書いていたのですが、イタリアの方が落差されました。しょうがないので送る予定ですが特定の国の方には送らないって言うのも難しい問題のようですね。

    • くれもな より:

      >Hideakiさん

      出品お疲れ様でした。

      僕の理解が間違っていたのかもしれませんが、Domestic shippingで送料を設定した以上アメリカへの送料はその金額になります。
      アメリカ向けへも送料の設定なしで、オークション終了後にinvoiceで送料を伝えるというのは多分できないと思います。

      4ドルというのが何なのか今ようやく分かりました。
      カテゴリによって送料の上限が設定されているということですね。

      その対策の一つは、商品価格に送料も上乗せするというのがあります。
      オークション形式の出品だとどうしようもありませんが。
      そしてもう一つ、Collectibles(アンティーク等の収集品など)のカテゴリで出品するという方法があります。
      Records以外のカテゴリに出品すると、増えるか減るかは分かりませんが検索の件数に影響が出る可能性はあります。
      あと違うカテゴリに出品しているというのでeBayに注意される可能性もありますが、例えばそのレコードが年代物であるならばCollectiblesでもいいと僕は思います。

      あと発送したくない国があるならば、Shipping policyの下の方にExclude shipping locationsというのがあるので、そこで送りたくない国にチェックを入れればいいと思います。

      参考にしてみてください。

  7. 匿名 より:

    ありがとうございます、やはりこの辺りはかなり詳しくないと難しいですね。まあでもInvoiceを送る前に送料を変えられるので問題はないかなって思います。いい勉強になりました今回は。当面ダブってるものを出品して、少し持ってるLPを出品してみようかなって思ってます。今まで30年位個人輸入でレコード買ってますが、段ボールをもう少し取っておけばよかったと反省してます。専用の段ボールなので今後は買わないといけないかもしれませんので。出費になります。今後もよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*