集中力を上げるためのアプリ

「サプリ」ではなく「アプリ」です。
PCやスマホのアプリケーションソフトウェアです。

まずPC用から

その名もfocus boosterです。

実行中の画面がこんな感じです。
fb

時間をセットしてから動かすと、カウントダウンが始まり時計のカチカチという音がしてきます。
最初は緑色の画面なのが、時間終了が近づくに連れて赤くなってきます。
集中力が切れそうと思った時に残り数分の表示と赤い画面を見ると、あとこれだけは頑張ろうと思えてまたグッと集中することができます。

設定できる時間は最大90分です。
人間の集中力の上限もこれぐらいだと思うので、これぐらいあれば十分でしょう。

有料版だと機能が増えるようですが、ぼくは無料版で使っています。
無料版だと、1回の作業時間と休憩時間が終わったら、タイマーは止まってしまいます。
これが有料版になると、繰り返しカウントできるようになるのかどうかは分かりません。

もしかしたら、これ以外のソフトで繰り返しカウントできるようなものがあるかもしれません。

次にスマホ用

スマホ版も似たようなアプリがいろいろあるようですが、ぼくが入れているのはIt’s?Pomodoro?Time!というアプリです。

画面はこんな感じです。
Screenshot_2015-10-15-16-08-38

これもfocus boosterと同じように、時間をセットして動かすと時計のカチカチ音がしてきます。
ぼくは大体はPCの目の前で作業することが多いので、このスマホ版はあまり使っていません。

Pomodoroとは何ぞやと思って調べてみると、作業時間を分割して集中力を上げる「ポモドーロ・テクニック」という方法があるようです。
作業25分+休憩5分というのを繰り返す方法のようで、作業時間が25分経ったら仕掛中の作業が残っていたとしても必ず休憩に入るということです。

Google PlayかApp Storeで「ポモドーロ」とか「pomodoro」で検索すると、似たようなのがいくらでも出てくると思います。

ちなみにGoogle Playで「focus booster」で検索して出てきたアプリを入れてみたら、よく分からないものでした。

使い方

皆さんそれぞれ使い方を工夫してもらえたらいいかと思いますが、ぼくはこんな感じで使っているというのを紹介します。

1.英文法を学習する時に

音読をやる時は、英語の音声を聞いて声に出してというのを常にやっていて普通に集中できているので使っていません。

英文法をやる時に、まず自分がやろうとしている範囲をギリギリ終わるか終わらないかぐらいの時間をセットします。
そして時計を動かし始めたら、メールもスマホも一切見ないようにします。

集中力が落ちてきたと思ったら、カチカチ音に意識を向けて残り時間を見ます。
この時間でここまで終わらせようと決めているので、時間内に決めた範囲を終わらせようと必死になれます。

2.商品探しで

こういう時こそポモドーロ・テクニックが有効なのかもしれません。
ぼくはこの記事を書くために調べて初めてポモドーロ・テクニックというものを知ったので、25分+5分のサイクルでの作業はまだ試していません。

商品探しの場合は、作業自体には終わりがなくて、何時までやると決めてその時間内は集中するというやり方になります。
例えば午後4時まで商品探しをやろうとした場合、25分+5分のサイクルをこのアプリで計りながら、別で午後4時に鳴る目覚ましをセットしておくというのがいいのかもしれません。

これを知る前は、普通に集中して作業しようと決めた時間を設定してから、タイマーを動かしていました。
具体的には50分に設定していましたが、これだけ集中を続けるというのは難しいのかもしれません。
次からはポモドーロ・テクニックに倣って、25分+5分の繰り返しをやってみようと思います。

やらない事リスト

ポモドーロ・テクニックをやる際に、やらない事を決めるのが重要らしいです。
ぼくがPCで作業をする際に、集中を切れさせるものを並べて書いてみます。

  • ネットサーフィン
  • メール
  • RSS受信
  • LINE、Skypeなど
  • その他

こんなところでしょうか。

その他で代表的なものは、例えば部屋の掃除を始めるなどでしょう。
学生の頃、机に向かって勉強を始めようとして、なぜか部屋の掃除が捗るとかよくある話だと思います。

一度カチカチを始めたら、これらの事には一切見向きをせずに作業に全力で集中して、25分間を濃いものにするというのがいいでしょう。

以上のことをやって短時間全力で集中すると、終わった後の達成感も感じられると思います。
よかったらやってみてください。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*