DSRで高評価をもらう方法

昨日の記事の最後でDSR項目の中で、自動で星5つをもらえるものがあるらしいと書きました。
今日はそれについてまとめてみます。

DSRの4項目について

改めてまとめてみます。
dsr

1.Item as described

商品が説明通りだったかというものです。

例えば箱に傷などあれば、それは隠さずに公表するのがいいと思います。
隠せばその商品については高値になると思いますが、それで低評価をもらうなどした場合は今後の落札額が全て低くなることになりかねません。
傷を公表すればその商品については安値になりますが、信頼を得られて今後の落札額が高くなるという事が考えられます。

2.Communication

コミュニケーションについてです。
基本的には、相手を気持よくさせるようなコミュニケーションを心がければいいと思います。

質問を頂いたらできるだけ早く返すといいでしょう。
そのためにも英語が使いこなせたならば、ここの評価については強いと思います。

あとヤフオクで出品者と落札者が罵り合いと低評価の付け合いをやっていますが、eBayでそれをやろうものならばバイヤーが確実に負けます。
ヤフオクでもバイヤーを罵ったところで低評価をもらうだけで何も得るものはないのですが、eBayだとバイヤーに低評価を付けることすらできません。

なので低姿勢でというのが重要です。

3.Shipping time

配送時間です。

ぼくはこれを商品が届くまでの時間だと思っていたのですが、入金から発送までの時間とする解釈もあるようです。
バイヤーも各々の解釈で星の数を決めると思うので、これについては何とも言えません。

4.Shipping and handling charges

送料、手数料です。

eBayではヤフオクとは違って、送料と梱包手数料等はセラーの言い値で払うことになります。
例えば高い送料を払って、届いた商品は軽くて小さいものだったということになると、送料の設定がおかしいだろというので低評価をもらうことになります。

ちなみにeBayでは、送料に対しても10%の出品手数料を取られます。
ヤフオクではこの部分の手数料は取りませんが、取らない代わりにここで吹っかけることは許さないという事になっています。

自動で星5つをもらえる項目とその方法

こちらのブログを参考にさせていただきました。

まずこれが可能な項目ですが、以下の3つです。

2.Communication
3.Shipping time
4.Shipping and handling charges

簡単なところから1つずつ見ていきます。

4.Shipping and handling chargesで星5つをもらう方法

これは簡単で、送料を無料にして出品するだけです。

当たり前ですが、送料無料に対して送料が高いという評価を下すことはできません。
システム的にもそれができないようになっています。

なので送料は商品代金に含めてしまって、Free shippingとして出品するのがいいでしょう。

3.Shipping timeで星5つをもらう方法

これについては、少し曖昧なようです。

セラーは出品する際に、Handling timeというのを設定します。
これは、入金から何日以内に発送しますというものです。
ちなみに土日は含まないようなので、何営業日以内に発送しますと言う方が正確かもしれません。
これを1日に設定して、尚且つ入金から1日以内にトラッキングナンバーをアップロードすればいいようです。

実はぼくは、今まで落札された商品については全て1日以内に発送していたのですが、万が一守れなかった場合というのを考えて、Handling timeは余裕を持って3日に設定していました。
これは、もったいないことをしていたのかなと思います。

発送までの日数はバイヤーが気にするのかどうか分かりませんが、気にする人にとっては他よりも頭一つ出ることができる部分かもしれません。
特に無在庫販売をやっている人はHandling timeを長めに設定しているはずなので、有在庫販売をやっている自分はそことの差別化を図ることができると思います。

あと、自宅から歩いて5分ぐらいのところに郵便局があり、休日は車でちょっと行けばゆうゆう窓口のある郵便局に行くこともできます。
特にゆうゆう窓口が使えるというのは重要で、日本が休日でもアメリカで平日だった場合は、1営業日というのを守るためにはゆうゆう窓口を利用するしか方法がありません。

上記の条件以外にも、USPS、UPS、FedExを利用しなければならないとか、入金から4日以内に届かなければならないとかいう条件があるようです。
Shipping timeというぐらいだから、やっぱり到着までの日数も評価に含まれて当然だと思います。

4日以内に到着となると、日本からの発送だとかなり厳しいです。
ただし、DSR以外にもTRSのさらに上のTRP(Top Rated Plus)というものを受ける条件の一つに1営業日以内のHandling timeを提供していることというものがあるので、eBayからの評価がよくなることは間違いないと思います。

なので、これからはHandling timeを1日にして出品します。

一つ疑問があるのですが、以前紹介したAPAC Shipping Toolsや、あと国際郵便マイページサービスで送り状を作ると、発送前にトラッキングナンバーが出てきます。
発送前にトラッキングナンバーをアップロードするのでもこの要件を満たせるのかというのが疑問です。
多分満たせるような気がします。

2.Communicationで星5つをもらう方法

これがちょっと納得行かない条件でした。
その条件とは以下の通りです。

・Handling timeを1日にする。
・入金から1日以内にトラッキングナンバーをアップロードする。
・落札後、eBay経由でメッセージをやり取りしない。

3番目が納得いきません。
というのも、ぼくはいつも発送したら日本郵便のURLをメッセージで送るようにしています。
これをやったがために、悪い評価を付けられる可能性が発生してしまうというのが納得行かないところです。

ただ、コミュニケーションを取ったということになったら、それを評価対象にできるというので自動では星が付かなくなるという事だと思います。
もちろんこれで相手が普通に評価してくれるならば問題ないのですが、たまに押し間違えて星1つとか付けてしまう人がいるようです。
もしそうなったならば、親切のためにやったことが低評価の元になってしまい、理不尽極まりないということになります。

これについては難しいところです。

結局どうせいっちゅう話なのですが、自分の方針としてはHandling timeを1日にして出品するというところは確定事項です。
Communicationについては分かりませんが、多分今までどおり日本郵便のURLを連絡し続けると思います。

まとめてみたけど、自動で星5つシステムはあまり使えなさそうです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*