RAID1構築の検討その後

昨日はあまりよく調べずに、PCのドライブをRAID1にしたいという記事を書きました。
書き終わってから、改めてどうやったら実現できるのかというのを調べてみました。

RAID化するにあたりOSを入れ直す必要があるか

OSをインストールする前にRAIDを構築しろという話も少なくありませんでした。
なので、OSを入れ直す必要があるのではないかと思って調べてみました。

マザーボードの説明書を見ると「SATAポートの動作モードを個別に設定することはできない」と書いてあるので、RAIDでないドライブとRAIDにしたドライブを混在させることはできないのかとも思いました。
なので一部ドライブだけRAIDにするならば、別途RAIDコントローラを買う必要があるのではないかと思いました。

結論から言うと、OSは既存のままで別途コントローラを買う必要もなく一部ドライブだけRAID化できそうです。
SATAモードをRAIDに変えても、RAIDドライブを構築しないドライブについてはNon-RAIDの普通のドライブとして使用できるようです。

ただBIOSでSATAモードをRAIDに切り替えるだけだと、Windowsが起動しなくなります。
ぼくも実際に試してみましたが、Windows7の起動の時に出てくる4色の玉がちらっと映ったところでぶちっと切れて、またBIOSの起動からということになりました。

ちょっとしたコツがあって、レジストリをちょろっと変更などする必要があります。
詳しく手順を書いてみます。

1.レジストリ変更

レジストリエディタで
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorV]
を開いて、Startキーの値を0に変更します。
regedit

変更前のレジストリのバックアップを一応とっておきます。

あとこの変更によって万が一Windowsが起動しなくなった時のために、セーフモードでの起動方法を調べておきます。
Windows7だったら、起動時にF8連打でセーフモードにできます。

2.BIOSを変更

次に、BIOSでSATAモードをRAIDに変更します。
ぼくの場合は、変更前はAHCIになっていました。

3.Intel Rapid Strage Technologyを再インストール

上記の変更をやった後、なぜか画面が開かなくなってしまったので、これを再インストールします。
再インストールすればまた画面が開くようになると思います。

以上で準備は完了です。

ちなみにRAIDを構築するためのHDDはまだ準備していないので、今回はSATAモードを変更しただけです。

どのようなRAIDの構成にするか

昨日の記事では新しく1TBのHDDを2個かってミラーリングすると書いたのですが、今使っている3TBのHDDと同じ型番のものが9千円台で売られているようなので、1個買い足してRAIDにするのもありかなと考えています。
そうすれば、重要データだけではなくエロ画像までも耐衝撃性が上がります。

一つ困ったことが、今現在3TBのHDD内に2TBほどデータが入っている事です。
データを残したままRAID1を構築する方法もあるようですが、やっぱり怖いので退避させてから構築したいです。

外付けにバックアップをとっているものと重複しているデータもあれば、多分不必要な物も入っていたりすると思います。
なので、まずはできるだけデータをスリム化してから外付けにデータを逃がします。
そして、その後でRAID1ドライブを作ってからデータを戻すというやり方が一番安全かと思います。

外付けの空きスペースもそんなにないので全部退避できるかどうかは分かりませんが、データを残したままRAID化するにしても逃せるだけは逃がしておきたいと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*