家庭教師やってみた

やってみたと言うか・・・まあやってみました。

何かというと、中学1年の姪の成績が思わしくないということで、妹からぼくにやってくれないかと頼まれました。
ちなみに妹の家族はここから100キロ以上離れたところに住んでいるので、Skypeを使ってです。

対面の家庭教師との違い

はっきり言って、かなりやり難かったです。

まず、相手が見ている本をこちらで見ることができません。
これはどうしたかというと、本の写真を携帯で撮ってもらってからLINEで送ってもらいました。
これで相手と同じものを見ることができますが、自分が説明しているところを見ているかどうかというのは全然分からないので、「今どこ見てる?」という確認が必要になります。

あとは声が聞こえにくいというのもやり難いところです。
おかげで、相手の反応がいまいちよく分かりませんでした。
これはヘッドセットやマイクを使うなどして対処できそうです。

こちらが書いて説明する場合は、前に電気工事士の技能試験の動画を撮った時みたいにカメラを下向きに固定してノートを映せばできました。
ですが、相手がノートに書いたものをすぐに見ることが出来ないというのもやりにくそうです。
今日は、ノートに書いてもらうような事はやりませんでした。

今日の内容

まずは前回の定期試験の点数や、科目の好き嫌い得手不得手などをヒアリングしました。
その後、試しにという事で歴史をやりました。

他の家庭教師会社にもそうだんしていて、そのうち2社は体験指導があったようです。
うち1人は今の学力を知るために問題を解くか何かして、もう1人は今日だったのですが30分ほど方程式のところをやったようです。

家庭教師というと、大体は英語数学を中心に5教科というのが多い気がします。
以前ぼくが所属していた会社ではそんな感じでした。
ぼくは理系の人間なので、数学の方が教えやすいというのはあります。
姪もどちらかと言うと理系っぽいです。
なので、他の体験指導でやっていそうな科目は外してみました。

それで国語社会が一番苦手みたいだったので試しに社会をと思って、その中で歴史をやりました。
歴史はぼくも中学高校で一番の苦手科目でした。
中学の担任が社会科の先生だったのですが、まず問題集を一通り解いて、2周目は1周目で間違えた問題だけを解いて、3周目は2周目で間違えた問題だけを解いて・・・というのを延々と繰り返せばできるようになると言われました。
ぼくは言われた通りに実践して、それまで40点程度だった社会の成績がいきなり80点から90点ぐらい取れるようになったことがあります。
確かにこれで成績はよくなりましたが、内容をよく理解せずに記号を暗記しているようなものだったので、面白さが全くありませんでした。
というか苦行でした。
結局、これで対処できたのは中学時代だけで、高校になると全くついて行けなくなりました。

ぼくが社会に出てから少しずつニュースやら選挙やらに触れ、その中で歴史を知ることになって初めて面白さが分かってきました。
なので姪には、ぼくが中学高校で知ることのできなかった面白さを分かってもらえたらいいかと思っています。

ぼくに歴史を教えさせたら、愛国心バリバリの右翼に・・・なんて事はしません(笑)。
日本に誇りを持てるような教え方と、あくまでこれはぼくの考えなので自分でしっかりと考えるのが大事だよという教え方をすると思います。

ある程度内容が分かってきたら、あとは授業だけでも結構な知識を吸収できるようになると思います。

バイトとしての家庭教師について

うつ病期間中は、生活がきつかったというのもあって家庭教師をやっていました。
ですが、もう二度とやらないと思います。

時給だと1時間2,000円ぐらいが相場だと思います。
それで1回90分というのが普通だと思います。
1時間半ぐらいちょろっと行くだけで3,000円もらえておいしいと思いがちです。
ですが、1回の時給が発生する時間に対して、時給が発生しない時間のウェイトがあまりに大きすぎます。
例えば行き帰りの時間であったり、指導後に親御さんとお話をする時間だったり、あとは指導のための準備の時間だったりです。
それぞれ30分ずつだったとして、これらの時間が全体の50%を占めます。
もし8時間労働で行き帰り30分だったとしたら、全体の時間に対する無給の時間は6%弱です。
この例でも、家庭教師がどれだけ割にあわない仕事か分かると思います。
そのくせ家庭教師派遣会社は、教師に指導に行ってもらうだけで結構な収入になります。

この構造に気づいた時に、家庭教師とは家庭教師会社に搾取されていると思い、一切やる気をなくしてしまいました。

今後もし家庭教師に関わることがあるならば、教師ではなく派遣する側になると思います。

そんな感じでもう二度とやらないつもりでしたが、他ならぬ姪のためなのでやってみることにしました。
今はまだお試しでやっていますが、正式に時間を取ってやることになったならば少しはお給料をもらう事で話をしています。
と言っても身内なので、一般の家庭教師の時給よりも少なくするつもりではいます。
お小遣い程度のつもりです。

今はまだ時間があるからいいものの、これからぼくの商売を拡大させていくと時間が取れなくなってしまうかもしれないとも思っています。
その時がきたらまた相談させてもらうつもりです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*