光学マウスでカーソルの微調整ができない問題が解決しそうです

ぼくはLogicoolのM545というマウスを使っています。
左右のボタンとホイールの他、ホイールの左右と親指の位置にも上下のボタンが付いていて、それで価格がそれほど高くなかったので、なかなかいい商品だと思います。
ですが、カーソルの微調整がなかなかできずに苦労していました。

どのように苦労していたかというと・・・

微調整したい時に、マウスをマウスパッド上でゆっくりと動かしてもカーソルが反応せず、反応するようにもう少し早く動かすとカーソルが一気に動いてしまうという感じでした。

これがどういう時に困っていたかというと、例えば画像をトリミングしたい時にマウスで範囲を指定する時です。
ピクセル単位で位置を指定したい時に困っていました。

それ以外だと、eBayの商品検索で商品名をマウスで選択してコピーしたい時、思った位置にカーソルを合わせられずに苦労しました。

ワイヤレスの光学マウスというものはこういうものだと、半ば諦めていました。

マウスカーソルを1ピクセルずつ動かすことができるフリーソフトをいれてみたりもしましたが、動かす際にキーボードのカーソルキーを使うのではっきり言って面倒でした。
それでもどうしても合わせられない時はこれを使っていました。

原因らしきものに気づきました

新しくこのPCを買った際に、ディスプレイもフルHDのものを買いました。
画面が大きいので、マウスをあまり動かさないでも端から端まで指定できるように、カーソルのスピードを速くしていました。
それにプラスして、カーソルが加速するというのはあまり好きではなかったので、加速はしないように設定していました。

それで、これらの設定が微調整が効かない原因ではないかと思っているところです。

現在は、マウスカーソルの速度を少し遅くしました。
そして遅くしただけだとマウスを大きく動かさなければならなくなるので、加速を0から3のうちの2にしました。
マウスを大きく動かした際にカーソルがブオンという感じに加速するのにはまだ慣れませんが、狭い範囲をちょこちょこを動かした感じだと微調整がやりやすくなっているようでした。

これでしばらく様子を見てみます。

話は変わりますが

フルHDって、何で別名フルハイビジョンなんでしょうね。

HDってHigh Definitionの頭文字なので、カタカナで言うのならばそのままフルハイデフィニションでいいと思うのですが。

というか、フルが頭に付くとダサい感じになる気がします。
と思って英語で何と言うのか調べてみたら、そのままFull HDと言うようでした。
英語でそう言うのであれば、日本語でもフルを付けるので間違いないようです。

・・・という、どうでもいい話でした。

最後にぼくの使っているマウスとマウスパッドのリンクです

別にクリックして買ってくれたらぼくにもいくらか入るというだけで、他意はありません。

お金が入る事そのものが邪だと考えられなくもないのですが(笑)。

でもこのマウスパッドはなかなか使いやすいと思います。
他のマウスパッドはあまり知らないのですが、これはマウスの滑りがかなりいいです。
表面がざらざらしたプラスチックなので、布製のものよりも長く使えると思います。
Amazonの商品ページには、ゲーミングマウス用というような事が書かれています。
マウスパッドをお探しの際には、これも候補に入れてみてください。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*