安く購入したギフト券を使って仕入れをした場合の仕訳について

今日は1日管理作業をしていました。

最近、Amazonから仕入れる際に直接購入するのではなくて、まずは少し安いAmazonギフト券を購入してからそれで仕入れをする事で仕入額を下げるという技を覚えました。

これは大いに結構なことですが、会計処理が少し面倒になります。
下手したら脱税行為になります。

脱税の例

すごく分かりやすく書いてみます。

10,000円のギフト券を9,000円で買います。
そのギフト券で10,000円の商品を仕入れます。
その商品を10,000円で販売します。

ここで仕入れ10,000円、売上10,000円としてしまうと、利益が0になって税金も0になります。
実際には1,000円の利益が出ているので、それにかかる分の税金を逃れたことになります。

小規模に売買をしているのであれば、見つからない可能性も高いと思います。
しかし売買の規模が大きくなってくると、恐らく税務署に見つかります。
そして、過去にちょろまかした利益にかかる所得税とそれに対する延滞税や、それが悪質だと判断されたらさらに税率の高い重加算税などの追徴税を収めなければならない事になります。

会計処理の方法

これを確立しないままどんどん仕入れを進めると、後になってわけが分からなくなると思いました。
なので、まずはここの処理をはっきりさせておこうと思いました。
今日1日はそれにあてました。

情報源は、いろいろなサイトを参考にして纏めました。
サイトによって解釈が違うので、ぼくの判断も入っています。

1.基本形

まず単純に、ギフト券の額面と購入価格の差額は、雑収入として処理します。
この雑収入が発生するタイミングは、ギフト券を購入した時ではなくてギフト券を使って仕入れを行った時です。

次のような例で考えます。

9月1日:額面10,000円のギフト券を現金9,000円で購入
9月2日:ギフト券を使って10,000円の商品を仕入れ

この時の仕訳は以下のようになります。

9月1日

借方 貸方
商品券 9,000 現金 9,000

9月2日

借方 貸方
仕入金額 10,000 商品券 9,000
雑収入 1,000

こんな感じです。

2.ギフト券の一部を使う場合

ここまではいろんなサイトに出てきていますが、じゃあギフト券を中途半端に使った場合はどうするのかというのが、また例によってなかなか見つかりませんでした。
これは単純に、雑収入を按分すればいいと判断しました。
例えば10,000円のギフト券を9,000円で買って、そのギフト券で6,000円分仕入れたとします。

次のような例で考えます。

9月1日:額面10,000円のギフト券を現金9,000円で購入
9月2日:ギフト券を使って6,000円の商品を仕入れ

この時の仕訳は以下のようになります。

9月1日

借方 貸方
商品券 9,000 現金 9,000

9月2日

借方 貸方
仕入金額 6,000 商品券 5,400
雑収入 600

こうなります。

商品券の5,400円はどこから出てきたのかというと、仕入金額×{(商品券の簿価)/(商品券の額面残高)}から計算しました。
具体的には、6,000×(9,000/10,000)=5,400となります。

雑収入も同様に商品券の額面と購入価格の差を按分すれば出てくるのですが、それで計算すると端数処理でズレが生じる可能性があるので、ここでは(仕入金額)-(商品券)から求めました。
具体的には6,000-5,400=600となります。

3.別の割引率のギフト券を追加で購入した場合

さらに途中で、9,000円のギフト券を8,300円で購入したらどうなるのか?という疑問も出てきます。

以下の様な例で考えてみます。

9月1日:額面10,000円のギフト券を現金9,000円で購入
9月2日:額面9,000円のギフト券を現金8,300円で購入
9月3日:ギフト券を使って6,000円の商品を仕入れ

この時の仕訳は以下のようになります。

9月1日

借方 貸方
商品券 9,000 現金 9,000

9月2日

借方 貸方
商品券 8,300 現金 8,300

9月3日

借方 貸方
仕入金額 6,000 商品券 5,463
雑収入 537

9月3日の商品券5,463と雑収入537は、2で計算した方法と同じです。
具体的には、商品券が6,000×((9,000+8,300)/(10,000+9,000))=5,463となり、雑収入が6,000-5,463=537となります。
端数処理は1円未満を切り捨てで行いました。

履歴管理が必要になります

上の例から分かるように、ギフト券を使う時点での商品券の簿価と額面の残高が分かっていなければなりません。

額面残高については、購入した額面と使った額面をその都度足し引きして現時点での額面残高を求めます。
商品券勘定の簿価残高については、購入にかかった金額を商品券勘定に足していって、仕入れた際の商品券勘定の値を引いてから、現時点での簿価を求めます。

それを毎回頭から足し引きしていって計算するというのは、凄まじく非効率的です。
今日はそれを管理できるようなExcelシートを作っていました。
ちらっと画面を見せると、こんな感じです。
gift

これ以外にも、PayPalから入出金する際の為替差損益を計算するのにも履歴管理が必要になるのでそれを管理するExcelシートを作ったり、あとは今まで在庫管理や販売管理を自作のへっぽこExcelシートを使ってやっていたのを使いやすいように作り直したりしました。
それで1日を費やしてしまいました。

もしこれらのExcelシートを使ってみたいという場合は、配布する事も検討します。
どうせしばらくはそういう希望もないだろうから、その間に改良すべきところは改良などしていきます。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ひろちゃん より:

    はじめまして。検索から来ました。

    僕もこの仕訳の仕方がわからず探していたのですが、
    上記仕訳の仕方はまだ使われているのですか?

    だとすると、失礼ですが正確ではないように思えます。

    基本形の9/1日のところで貸方と借方の金額があっていないので、
    商品券10000/現金9000+雑収入1000
    とした方がよろしいかと。

    このままだと後々商品券の残額が合わなくなってしまいます。

    そうすればあとの仕入れの部分は商品券から使っていった形にすればよいので、商品券の残額もあっていくと思います。

    • くれもな より:

      >ひろちゃんさん

      初めまして、コメントありがとうございます。

      ご指摘ありがとうございました。
      完全に僕のミスです。
      あまりにも基本的過ぎる間違えで、お恥ずかしい限りです(笑)。

      かつて仕訳表をテキストで書いていたところ、頭に入れたスペースが勝手に削られて貸方に書いたものが借方の方に表示されてしまうというのがあったので、後からtableタグを用いた形に一括で修正しました。
      その際に数字を間違えたんだと思います。

      ちなみに正しくは、
      商品券9,000/現金9,000
      としていました。
      ひろちゃんさんの解釈だと、商品券の購入時点で雑収入が発生するという考えですね。
      僕の考えだと、商品券を購入した時点ではその商品券の評価額は交換した現金と同額であって、商品券を使用して仕入れをした時点で初めて雑収入が発生するという考えでした。
      購入時点で雑収入を発生させてしまうと後は額面と同じ数字になるので簡単といえば簡単ですが・・・どっちがいいんでしょうね。

      とにかくご指摘ありがとうございました。

  2. […] つれづれにっきの方で、仕訳表が間違えているという指摘をもらいました。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*