HUAWEI P8lite用のケースをちょっと加工しました

今日はブログのネタを考えていなかったので、こんな話で。

スマホのガード用品が届きました

前のガラケーは、一度だけ落としてしまって傷をつけてしまいました。
特にスマホだと、落とすと画面が割れて使い物にならなくなるとかありそうです。

気休め程度かもしれませんが、表面を守るためのガラスフィルムと、側面背面を守るためのケースを買いました。

まず、ガラスフィルムはこれを買いました。

スマホを持つのはこれが初めてなので他の商品と比較できませんが、元々貼られていたフィルムよりも画面が綺麗になって指の滑りもよくなりました。

ガラスフィルムはAmazonで買ったので、注文してからすぐに届きました。
なので先に貼っていました。

ということで、貼ったものがこちらです。

スマホにフィルムを載せた後微調整しようと思ったら、勝手に貼り付いてしまいました。
なのでわずかにずれています。
空気は入らなかったので、良しとしています。

そして、eBayで買ったケースが昨日届きました。
中国からの発送でしたが、注文から2週間弱で届きました。
こんなやつです。

裏がいかにもプラスチックという感じで、ちょっと安っぽい感じです。
まあこのケースは1,200円ぐらいで、実際に安かったのですが。

最初、表からはめ込むのかと思ってちょっとスマホを入れ込もうとしましたが、枠がビクともしませんでした。
ケースをよく見てみると、裏板が外れるようになっていました。

裏板を外して、裏からスマホをはめ込むようになっていました。

ストラップを取り付けるための加工

ケースだけだと不安なので、ストラップを付けたいところです。

どこぞのサイトで、イヤホンジャック用のストラップにシールテープを巻いてから差し込むと抜けにくくなるというのを紹介していました。
確かにこれだと抜けにくくなるとは思いますが、まずイヤホンジャックを塞いでしまうのでイヤホンが使えなくなってしまうことと、あとストラップを抜きたい時にシールテープのゴミがイヤホンの穴に残ってしまいそうだと思いました。

今回買ったスマホケースの枠が金属製だったので、これに穴を開けたらストラップを通せるのではないかと考えて、加工してみました。

まずドライバーセットに入っているキリで、穴を開けたい位置に凹みを付けます。
この後ドリルで穴を開けるため、ドリルがずれないようにするためです。

次にドリルで穴を開けます。
まずφ1.5のドリルビットで穴を開けましたが穴が小さすぎてストラップの紐が通らなかったので、φ2.0のドリルビットで穴を拡げました。

穴を開けた後は、バリを取ります。
100円ショップでちょうどいいヤスリが売っていたので、これを使いました。

出来上がりはこんな感じになりました。

裏は隠れると思ったのでガチャガチャやって傷を付けましたが、表には傷が入らないように気をつけて加工しました。
それでも少し汚くなっていますが、ストラップをつけたら目立たなくなるでしょう。

これでストラップを付けると、こんな感じになりました。

いい感じにできました。
何も考えずに左下に穴を開けましたが、横画面にするときは右下にくるようになるので、結果的によかったです。

裏からはエンブレムが見えるようになっています。

ケースを付けると、幅と厚みが若干増えました。
手に持った感じが裸の時とちょっと違います。

ついでに100円ショップで買ったものです

スマホ用のスタンドも100円ショップで買いました。

100円のスタンドに、100円で買った革の切れ端を適当な形に切り取って木工用ボンドで貼り付けました。

スマホを置くとこんな感じになります。

100円ショップをかなり活用しています。

同じ100円ショップで首にかけるストラップも買ったので、出かけるときなどはこれを付けようと思います。
胸ポケットに付ける時はストラップを首にかけて、バッグなどに入れる時はストラップをバッグに結んでおけば、落として壊してしまう可能性をかなり減らせると思います。

スマホなんて2?3年でまた新しい機種に変えるものだと思うので、5万も6万もするようなやつではなくて安いこの機種を買いました。
安いものとは言っても3万円近くしたので、なるべく傷つけないように使っていきたいです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加