終戦記念日に国立公文書館と靖國神社に行ってきました その2

昨日の続きです。

国立公文書館から靖國神社へ1

国立公文書館を出てから歩くと、さっきよりも警察官が増えているように見えました。
そしてここから北の丸公園を通って靖國神社へ行こうと思ったのですが、どうも警察官が封鎖しているように見えました。
それでいて、親子連れなんかは警察官の横を通って中に入っていました。

よく分からなかったので、歩道に立っていたスーツの警察官に聞いてみました。
別にスーツの人を選んだわけではなく、たまたま近くにいた警察官がスーツの人だったというだけです。
靖國神社に行きたいと言うと、西の方を指して、ここは通れないからあっちから行ってくれということでした。

しばらく歩くとまた北に抜ける道があったので、そこでもまた警察官に聞いてみました。
近くに行くと今度は向こうから話しかけてきて「科学技術館ですか?」と聞かれたので、靖國神社に行きたいと言うと、ここは通れないので外まで出て回って行って欲しいと愛想よく答えてくれました。

武道館で戦没者追悼式があるというのは何となく知っていましたが、そこに天皇陛下と総理大臣が来るので、危険な人を近づけないようにということで厳重な警備になっていたのではないかと思います。

ということで、また千鳥ヶ淵まで戻ることにしました。
戻る途中、国立近代美術館工芸館というところで何かの像があったので、何なのか見てみようと思って細い階段を降りてくる人を待っていたら、また警察官がよってきて「あちらの方に行かれるんですか?」と聞かれたので、そこの像を見たいだけだというと、あーそうですかという感じでした。
そして、あっちで靖國神社に行きたいと言うとぐるっと回って行くように言われたとか何とか、ちょっとお話ししました。
ちなみにその像というのはこれです。

後で調べてみると北白川宮能久親王という人の像で、皇族で陸軍軍人だったようです。
ちなみにこの工芸館の建物も、元は近衛師団司令部の庁舎で、今では重要文化財になっているそうです。

国立公文書館から靖國神社へ2

千鳥ヶ淵まで戻ってきました。

さっきよりも規制が厳しくなっていて、バリケードまでされています。

警察官が、信号を操作しているっぽい感じでした。

このバリケードは、一応普通の自動車も入っているように見えました。
こいつらやべぇという見た目の自動車は止められるということでしょうか。
あとは、各都道府県から戦没者追悼式に出席するために来たであろうバスは入れるようでした。

内堀通りを北に行こうとしたら、ここも通れないようでした。

北東方向を向いて撮った写真ですが、ここからもう一本西の通りに行くように指示されました。

そうして裏通りに入ると、右翼っぽい車をたくさん見かけました。

車のそばにはその団体所属らしいヤクザっぽい雰囲気の人たちがいたので、車に近づいて写真を撮るのはやめておきました。
北方領土を返せとか天皇制が必要だという考えはぼくもこの人達と同じだと思うので、どういう考えなのか話を聞いてみたい気もしました。
ですが、トラブルは暴力で解決しそうな勝手な?イメージがあったり、逆に勧誘されたりしたらたまらないとおもったので、目を合わせないように素通りしておきました。

靖國神社で

いろいろ回り道をしましたが、ようやく到着しました。
時刻は11時半頃でした。
せっかくなので、第一鳥居から入るために外を歩いて行きました。

田安門前の交差点の歩道橋から東を見たところです。

ここも警察官が交通規制をしています。
左の歩道で手前側に歩いている人たちが、これから靖國神社に行こうとしている人です。
ちなみに奥にスカイツリーが見えています。

神社の入り口ではこんなアンケートをやっていました。

ぼくは参加していませんが、何となくこんな結果でした。
「翁長知事は・・・」については、質問文がズルい気もします。

第一鳥居です。

人が多いです。

人の群れの向こうに大村益次郎像です。

銅像の向こう側にテントが設置されていて、イベントをやっていました。

ぼくが通りかかった時は、ちょうど呉善花さんがお話されていました。

そして、第二鳥居手前から人の行列ができています。

最初、みんな立って何をしているのかと思いました。
奥に白い幕が見えるところが拝殿で、そこで参拝するために並んでいる人たちでした。
この炎天下で並んでいたら具合が悪くなりそうだったので、列の横を抜けて先に進みました。

拝殿です。

並んでいる人たちの横から参拝させてもらいました。

あとは、朱印帳を買ってみました。
出来上がるのに20分ぐらいかかるということだったので、その間遊就館に行きました。
中まで入ると見終わるのに1日あっても足りないと思うので、売店だけ見ることにしました。
が、ここも人が多すぎてろくに商品を見ることができませんでした。

その奥で、「大東亜戦争七十年展 最終章」という特別展をやっていました。
ここだけだと入場料300円だったので、この中に入ってみることにしました。

入った時間が11時50分過ぎでした。
館内では、武道館でやっている戦没者追悼式の音声を流すということだったので、座れるところに座ってそれを聞きました。

まず国歌斉唱がありました。
周りで歌っている人がいたので、ぼくも歌いました。
君が代を歌ったのは、恐らく大学の卒業式以来ではないかと思います。
その後、総理大臣の挨拶がありました。
正午に黙祷する事になっていて、誰からともなく起立し始めてぼくも立ち上がりました。
正午直前に、館内のアナウンスでもご起立願いますという声がありました。
そこから1分間黙祷しました。
すると、さっきまでざわざわしていた館内がすごく静かになりました。
展示を見ていた人も、お土産屋さんにいた人も、みんな黙祷していたんだと思います。
みなさんどんな思いで黙祷を捧げたのでしょうか。
ぼくは、感謝と安らかに眠ってくださいという気持ちでした。
黙祷が終わってから、天皇陛下のお言葉を聞き、戦没者追悼式の中継が終わりました。

その後展示を見ました。
展示内容は、戦争で兵隊として命を失った人たちの遺品が主なものでした。
この人達が命をかけて戦ってくれたおかげで今の自分があると思うと、涙なくして見ることはできません。

20分ほどかけて展示を見た後、遊就館を出て朱印帳を受け取りました。

記念すべき1ページ目です。

帰りに「戦後70年 若人の集い」というイベントの受付をやっていました。
ぼくがYouTubeで動画をよく見ているKAZUYAさんもお話するということだったので、ちょっと興味ありました。
でも午前中のイベントの横を通った時にも思ったのですが、内輪で盛り上がっているだけのように見えました。
別にこのイベントが悪いことだとは思わないし、自分にできない啓蒙活動をやっているのでぼくがどうこう言う資格はないと思います。
まあいろいろ考えて、今回は出席を見送りました。

帰り道

あとは、靖國神社を出て九段下駅から電車に乗って帰りました。
爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で?はるかなる思い」でも、「九段下のー 駅を降りてー さーかーみーちをー」と歌っている通り、日本武道館の最寄り駅です。
この歌はいつ頃だったか忘れましたが、CDが普及し始めた頃の歌で、ぼくもこのCDを買いました。
Wikipediaによると、1989年に発売されたようです。

あとは、あの人通りの中で署名活動やら何やらやっている人がたくさんいました。
その中に、安倍談話は英霊を冒涜しているというのがあって、ぼくと同じ意見だと思ってよく見てみると、某新興宗教系の政党機関紙の号外だったので、うえぇ?と思ってしまいました。

普通に靖國神社を参拝したいだけならば、イベントのない日をおすすめします。
前に平日に行った時はガラガラで、遊就館もゆっくり見ることができました。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*