技能試験練習2周目 候補問題No.9 動画あり

ここのところ大きなミスなく練習を進めてきましたが、ここにきてやっちまいました(笑)。

動画の18:20あたりからの白の絶縁被覆を剥いているところで、2.0の電線を間違えてストリッパの1.6のところで挟んでしまいました。
動画でも、ストリッパで挟んだ瞬間に「なんか変な手応え」と言っています。

傷がついた心線は切り落としましたが、その傷はこんな感じでした。
BlogPaint
心線の太さの1/3以上の傷が入っていたらアウトというのをどこかで見た気がするので(情報源が不明なので信用はしないでください)、この部分を切り落とさずに施工してしまうのは結構ヤバイんじゃないかと思います。
間違えてストリッパの細いところで電線を挟んでしまったら、素直に切り落としてやり直すのがよさそうです。
どうしようもなく、且つ使えるようであればシースずらしで。

ミスした原因は、電源からの線だけが2.0で他は1.6だという思い込みです。
他の問題はそうなのですが、この問題だけは電源からの線を接続した先も2.0が続きます。
もちろん間違えないように気をつけることは大切ですが、人間なのでミスはどうしてもやってしまいます。
その後のリカバーが重要なので、そのためにも時間と電線長に余裕を持たせて施工するように気をつけます。

かかった時間です。

タイマー
の表示
かかった
時間
施工条件、連用取付枠 2:21 2:21
各パーツ 14:23 12:02
ランプレセプタクル 5:18 2:57
タンブラスイッチ 7:12 1:54
ボックス間 8:12 1:00
電源 8:55 0:43
引掛シーリング 11:11 2:16
EETコンセント、分岐コンセント、接地線 14:23 3:12
接続 23:58 9:35
差込形コネクタ 16:23 2:00
電源からの白線 15:10 0:47
電源からの黒線 15:41 0:31
スイッチから各器具 16:23 0:42
リングスリーブ 23:58 7:35
スイッチから引掛シーリング 17:43 1:20
電源からの白線 20:55 3:12
電源からの黒線 23:02 2:07
心線切断 23:58 0:56
見直し 27:30 3:32

リングスリーブ接続の電源からの白線でやり直しが入っていますが、それでも3分12秒で終わっています。
一番最初にやるよりは時間がかかっていない気がします。
一番最初にやる時は、次にどういう手順で進めようかとか接続とかを考える時間もあるので、その分余計にかかるというのもあると思いますが。
でも以前かかっていた時間を考えてみると、リカバー含めて接続で9分35秒というのはまずまずだと思います。

写真です。
SN3V1326
SN3V1327
SN3V1328
SN3V1329
SN3V1330
ここの心線の先が尖っていたので、気になってストリッパで丸めました。
一応テープを巻くことを想定しているので、テープを突き破らないようにというのは気にした方がいいかもしれません。
あと判定員さんが触って怪我しないように、ここも気遣いです。

SN3V1331
SN3V1332
SN3V1333
SN3V1334
SN3V1335
SN3V1336
SN3V1337
SN3V1338
SN3V1340

今日から数えて試験まであと10日です。
いい加減早く終わって欲しいという気持ちもあり、今までたくさんのブログネタを提供してくれた試験勉強が終わってしまったらどうしようかとも思ったり。
また通常の内容に戻ると思いますが、折角たくさんの人に見てもらえるようになったので、今後も書き続けようと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*