ハバネロ増し増し麻婆豆腐

前回ハバネロを1個入れて作った麻婆豆腐が大して辛くなかったので、今回はこれだけ入れてみました。
SN3V1316
前回が1辛ならば、今回は5辛といったところです。

また麻婆豆腐かと思うでしょうが、前回が麻婆豆腐の素以外で作った初めてだったので、ネットでレシピを見ながら作りました。
それを自分のものにしようと思ったのが一つ。
あともう一つは、豆板醤やらガラスープの素やらの材料を買ったのでそれを消費しようと思いました。

前回と同じく、半分は千切りにしてもう半分はみじん切りにしました。
千切りもみじん切りも前回より大きめにしました。
千切りの方は存在が分かるように、みじん切りの方はスープに馴染むようにと思ってそうしています。

まず千切りハバネロとにんにくをごま油で炒めます。
ある程度炒めたら、そこにひき肉を投入して炒めます。
何となくひき肉がぽろぽろになってきたら、豆板醤(小さいスプーン2?3杯ぐらい)とみじん切りハバネロを投入してさらに炒めます。
そして水に溶いておいたガラスープの素(200cc分ぐらい)を入れて、そこに豆腐(2丁)とニラを入れてぐつぐつ煮ます。
最後に、酒、砂糖、塩、醤油(量は全て適当)で味を整えて、水溶き片栗粉でとろみを付けて出来上がりです。

味見でスプーン1杯すくって飲んでみただけで、かなりの辛さでした。

そして今回の完成品です。
SN3V1317
前回と同じように、ごはんに乗せて麻婆豆腐丼として食べました。

食べられる程度の大辛麻婆豆腐でした。
舌が痛くなり顔から汗が出るぐらいだけど、水で舌を冷やす必要はないぐらいです。
あとハバネロの青みもしっかり感じられました。

舌が辛くなった後だと、ごはんやお味噌汁程度の熱さでも舌がきつかったです。
でもやっぱり、いつまでも続く辛さではなくて短時間で抜けるのです。

纏めると、なかなか美味しかったです。

今回使ったのはまだ緑色の実というのもあると思いますが、うちのハバネロは一般的なハバネロよりも辛さ控え目なんだと思います。
もっと過酷な環境に置いて辛さを増すのもネタとしては面白いかもしれませんが、今ぐらいの辛さが実用的ではないかと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*