ハバネロを試食してみました

実がいい大きさになったので、1個収穫しました。
SN3V1222
手頃な大きさのを選んで、はさみでチョキンとやりました。

これを料理します。
汁が皮膚に付くと赤く腫れたりするらしいので、ビニール手袋で完全防護です。
SN3V1223

まず割ってから綿を取りました。
SN3V1224
ピーマンみたいです。
これで肉詰めを作ろうとは思いませんが。

とりあえず下の果肉の角を数ミリ切り取りました。
中央下の欠片がそれです。

まずはこれから試食です。
口に入れてよく噛んでみると、辛さと一緒に野菜の青さっぽいものが感じられました。
辛さの方はちょうどいいというか実用的というか、大量に入れてしまうと辛くて食べられなくなるけど適度な量だったらいいんじゃないのという感じです。
軽くむせましたが(笑)。

辛さはいつまでも残る感じではなくて、ビリビリっときてちょっとしたらスーッと抜けていく感じです。
Angel Beats!で出てきた激辛麻婆豆腐のイメージで、辛いけど美味しい感じです。

野菜のみずみずしさなどをもうちょっと確かめてみたかったです。
ただ辛くて大量には食べられないので、そこはまた後でのお楽しみということで。

さて、ここからぼくの好奇心です。
どこかの情報で、ハバネロは綿が辛いというのを見た覚えがありました。
これはハバネロを育てた者としては試さないといけないでしょう(笑)。

ということで、さらに2ヶ所切りました。
BlogPaint
まずは果肉の綿が付いていた部分です。
そしてもう一つ、綿そのものです。
どちらも数ミリです。

最初に果肉の方を食べてみると、それなりに辛いものだとは思うのですがさっきの辛さでよく分かりませんでした。

次に綿を食べてみると、

ん?
んん?
・・・。
ふじこ(略)!!!

という感じでした。
舌の先の方だけで噛んでたつもりが、なぜか喉の方まで辛さが広がってきました。
あとおまけで、軽くめまいがしてきました。

実が赤くなると辛味が増すようなので、今ぐらいがちょうどいいのかもしれません。
次々に実が大きくなっていっているので、1人で消費しきれる自信がありません。

さっきAngel Beats!の事を書いて思いましたが、ハバネロを使って麻婆豆腐を作ってみるというのも面白いかもしれません。
気が向いたら試してみようと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*