7キロ走りました&筋トレ1ヶ月での体型の変化

昨日、気が向いたので走ってきました。
今回は7キロ走れました。
行けるなら10キロまで行きたかったのですが、かなりふらふらになってきたのでやめておきました。
10キロの壁を超えたならば、また走るのが気持よく感じられると思います。

さて、走り終わってから何となく自分の身体を撮ってみました。
筋トレ始めてからほぼ1ヶ月です。

ということで、まず1ヶ月前の5月26日の写真から。
SN3V0869

そして6月23日。
SN3V1106

何となく筋肉が見えるようになってきました。
上の写真は横の窓からの光ですが下の写真は上の蛍光灯からの光なので、影ができやすくなっているというのもあります。
でもまあのっぺりしたお腹だったのが、少しだけ腹筋が見えるようになってきたと思います。

この1ヶ月間にやっていたことは、スクワットと腕立伏せをそれぞれ1日3回ずつだけです。
たまに休むことはありました。
あと、ごくまれに走ったり歩いたりもしていました。

それに加えて、昼食にカップ麺を食べていたのをやめて、野菜と果物でジュースを作って飲むようにしました。
カップ麺は完全に止めたのではなくて、1~2週間に1回ぐらいは食べていました。
ジュースを作るのは時間がかかるけどカップ麺はお湯を入れるだけで簡単にできるので、忙しい時などには重宝しています。

ライザップのような、我慢を強いて短期間で体を引き締めるというやり方もありますが、ダイエットというのは決まった期間だけやればいいというものではなくてもっと長い期間、言ってしまえば一生続けるものだと思うので、我慢を強いるようなやり方は自分には向いてないかなと思っています。
2ヶ月で30万でしたっけ?それだけ払って痩せても、やめたら結構な人がリバウンドするらしいですね。

対してぼくは非常にヌルくやっているので、別に辛いとは思いません。
たまに筋トレが面倒だと思う事はありますが。
食事についても、野菜を多めに摂る事を心がけて、たまにはポテチなんかも食べてビールも飲んでというやり方なので、今我慢をしているという感覚は全くありません。

ナイナイの岡村さんが今ライザップでトレーニング中らしいのですが、空腹で倒れそうになった時に小さいチョコレートを1つ買って食べたらトレーナーにすごく怒られたらしいですね。
ストイックになるのもいいのかもしれませんが、身体も心もストレスを抱えるようなやり方のようで、果たしてこれは健康と言えるのだろうかと思いました。
それこそ、健康維持のためにダイエットをやるつもりが、ダイエットのせいで寿命を削るなんてことになったら本末転倒なので。

あ、別にライザップを批判するつもりはありません。
仮にぼくがやる気になってライザップでトレーニングをしたならば、1ヶ月で上の写真どころではない変化が見られたのかもしれません。
短期間で身体を作るという目的は達成されるのではないかと思います。
ただ、今の自分の目指すところとは違うかなと思うだけです。

というわけで、これからもぬるく筋トレを続けていきます。
これから暑くなってきますが、また気が向いたら有酸素運動も取り入れていこうと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なかむら より:

    リラックマがかわいい。
    そのデジタル量り、うちのと同じだ。

  2. なかむら より:

    あ、カーネギーのその本も。

  3. くれもな より:

    なかむらさん
    そこに注目しましたか(笑)。
    リラックマは頂きものです。
    そしてデジタル量りはebayで買った安いやつです。
    カーネギーは、タイトルだけは聞いたことあったけど読んだことがなくて、最近ブックオフで見つけたので買ってきました。
    人を動かすは今日読み終わりましたが、もう一冊はまだ読んでいません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*