候補問題No.3の施工手順

前回のNo.2の施工手順を書きながら思いました。
この記事は面白くないと(笑)。

やっぱり、実際施工してみてやった失敗とかあった方が参考になるかなという気がしました。

まあ接続の所で、複線図を見ないでぼくが何を考えながら接続しているかというのを読んで参考になるという人もいるかもしれないので続けます。
ただ淡々と進めても面白くないので、何か面白くなるようなネタを仕込めないか考えながら書いてみます。

ということで公表されている配線図です。
SN3V1034
施工手順はいつも通りです。

1.施工条件を読む
2.読みながら連用取付枠を取り付ける
3.???の各パーツを作る
4.接続する

1.施工条件を読む
2.読みながら連用取付枠を取り付ける
ここでの注意点は、リングスリーブ接続と差込形コネクタ接続がそれぞれどこになるかです。
この点はどの問題でも施工条件を見ないと分からないようになっているので、見落とさないようにしてください。

3.???の各パーツを作る
ここも気をつけるところだけ書きます。

まず?でエコケーブルを使います。
このNo.3はエコケーブルを使う唯一の問題ですが、これがすこぶる剥きにくいです。
ちなみに唐辛子の辛さの単位はスコヴィルです。
いや、こういう面白さではなくて・・・大して面白くもないけど。
ビニルだったらある程度ストリッパで切れ込みを入れたらあとは引きちぎることができますが、このエコケーブルはそれがなかなかできません。
かと言って刃を深く入れてしまうと中まで傷つけてしまう事になるので、なかなか難しいです。

まずシースにストリッパの刃を噛ませたら、その噛んだ刃でシースを押すようにして引きちぎります。
ある程度刃を入れたあと、指の摩擦力で引きちぎるよりはずっとやりやすいと思います。
ただその際、絶縁被覆に傷を付けないように気をつけます。
あと、絶縁被覆を傷つけないようにシースに切れ込みを入れたらちょっと上の方を軽く噛み直してから引き抜くというやり方をする人がいるかもしれませんが、このケーブルについてはそれはやらない方がいいような気がします。

シースが剥けたら、次は電線をちょっと広げて絶縁被覆を1本ずつ噛ませます。
刃で噛んだら、電線をぐりぐりとちょっとだけ回します。
絶縁被覆が切れた感覚が手に伝わってくると思うので、そうしたら刃を開いて絶縁被覆を指で引き抜きます。
2本同時に噛んだら、かえって時間が掛かることになると思います。
この絶縁被覆こそ、切れ込みを入れてからあとは引きちぎるというのはほぼ不可能です。
ストリッパの刃で絶縁被覆を確実に切断してから引きぬきましょう。

セットでも単品でもいいのでエコケーブルは必ず買って、何度も剥く練習をしてください。
ビニルケーブルと同じようなものだからとそれで代用してしまうと、本番でエコケーブルが出た時にあまりの剥きにくさに時間を浪費することになると思います。

エコケーブルのシースを剥く裏技を一つ。
ケーブルの中の電線をストリッパの先ででも押し込んで、反対側から電線を飛び出させます。
次に飛び出した電線を、シースを剥く長さ分だけ引っ張り出します。
最後に、反対側のシースを引きぬいた長さ分だけ切り落とします。
これで、絶縁被覆を傷つけることなくシースを剥いたのと同じ状態にできます。
これは、試験で与えられるケーブルの長さが短いであろうからできる芸当です。
ケーブルが長くなってくるとシースと絶縁被覆の摩擦が大きくなって出来ない事だと思うので、実用的な技ではありません。
同じような技が、VVRケーブルでもできます。
ストリッパで軽く噛んでシースを切断して剥く技もありますが、これをやれば絶縁被覆に傷をつけてしまう心配がないどころか、ナイフも使わずにシースを剥いたのと同じ状態にすることができます。
2ちゃんねるで、VVRでこうやればシースを剥けるという書き込みがあって、これをエコケーブルにも使えるのではないかと思って紹介しました。
ぼくは責任を持ちませんが、興味があったら試してみてください。

あとは?のスイッチです。
普通のタンブラスイッチ2個(うち1個はホタル)なので、黒線を両方のスイッチに渡して、あとはそれぞれのスイッチから1本ずつ伸ばすだけです。
ここはNo.1のスイッチが1つ減っただけなので、接続は簡単だと思います。

4.接続する
Aについて。
・電源の白線はスイッチ以外に接続するので、?の白線と??の白線を接続する。
・電源の黒線はスイッチとコンセントに接続するので、?の黒線と?の黒線を接続する。
・?のイのスイッチで?と?のランプレセプタクルをオン・オフするので、?のイから伸びる電線と?(黒線)、?(色は何でもいい)を接続する。
・?のロのスイッチで?の引掛シーリングをオン・オフするので、?のロから伸びる電線と?(色は何でもいい)を接続する。

Bについて。
・電源の白線はスイッチ以外に接続するので、?の白線と??の白線を接続する。
・電源の黒線はここまで来ていないので考えない。
・?のイから?に接続された電線と?の黒線を接続する。
・?のロから?に接続された電線と?の黒線を接続する。

最後に、かかる時間を考えてみます。
1.施工条件を読む
2.読みながら連用取付枠と取り付ける:合わせて2分

3.???の各パーツを作る
?:2分
?:4分
?:3分
?:1分
?:2分
?:1分

4.接続する:8分

以上、23分ぐらいで完成できそうです。

今回、裏技的なものを1つ入れることができたので、少しは面白くできたかと思います。
ただ、継続的にネタを出し続けられるかどうかは分かりません。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加