スクワット始めました

この前YouTubeで見つけたこの動画です。
2分程度なのでまずは見てみてください。


この動画の高稲さんが言うには、お腹の脂肪を減らすにはスクワットがいいとのことです。

ぼくの体重と体脂肪率の変遷は以前どこかで纏めたような気がしますが、もう一度簡単に纏めるとこんな感じです。

■病気前(?2007年頃)
体重:54?55kg
体脂肪率:12%ぐらい(ジョギング直後に測ったら9%と出る事も)

■病気中(2008?2014年)
体重:最大70kg
体脂肪率:23%ぐらい

■今現在(2015年)
体重:57kg
体脂肪率:16%ぐらい

体重は大分元に戻ってきましたが、体脂肪率がまだ高いです。

これは考えるに、病気中は運動をせずに筋肉が落ちて脂肪が付いてぶくぶく太って、今は筋肉が落ちたまま脂肪も徐々に落ちているという感じだと思います。
実際、病気前は腹筋の筋が薄く見えていましたが、今はブヨブヨのお腹です。

なので、筋力を以前のように戻そうかと思いました。
腹筋をバキバキに割ろうとまでは考えていませんが、ブヨブヨをもうちょっとスマートにできればと思います。
それに筋肉がついていれば基礎代謝も上がり、運動をしないでもカロリーが消費されるようになります。

タブレットにruntasticのスクワットアプリを入れて、昨日から早速始めています。
Runtastic Squats スクワット
カテゴリ: 健康&フィットネス
Google Playで詳細を見る

今はまだフォームを確認しながらやっているので、上の動画と比べてかなりゆっくりのペースになっています。
正しいフォームの確認はこちらの動画で。

1日に30回×3セットをやるといいようなので、朝昼晩に1セットずつしばらく続けてみます。
1セット5分もかからないので、よかったらやってみてください。

一応、トレーニング開始時点の写真を載せておきます。
SN3V0869
これがどこまでいくか。
そしてどこまで続けられるか。

ちなみにですが、運動してダイエットしようとするなら、まずは食事を整えてからがいいと思います。
運動よりも食事の方が影響度ははるかに大きいので。

ぼくは、病気中にもジョギングやら縄跳びやらしようとしたことがありました。
体重が増えているので運動するのは苦しいし、しかも体重は減らないどころかどんどん増えていくしで、すぐに挫折してしまいました。
ちなみにそのときの食事は、パンや麺類などほぼ炭水化物だけだったと思います。
量もよく把握していません。

今は、野菜を多めにしてタンパク質も摂るように気をつけています。
食事の量も適量だと思います。

やっぱり運動というそれなりの努力をすることになるので、結果が数値として現れた方がモチベーションを保てると思うのです。

夏に向けて、お腹周りがスッキリするよう頑張ります。
人前で裸になるような予定はないのですが(笑)。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加