複線図の書き方・決定版

最初は単線図を見てもさっぱり分かりませんでしたが、何度も書いているうちに段々分かるようになってきました。
ということで、今ぼくが複線図を書く際の手順をもう一度まとめてみます。
ここでの手順は電源が1φ2Wのみです。
それ以外の電源についてはほぼ器具と直結になると思うので、手順とか考えないでも分かると思います。

1.単線図に書かれている電源、器具などを同じ配置で書く。電源は「接地側、非接地側」と書く。
2.以降、ジョイントボックス、アウトレットボックスになる所で、リングスリーブで接続するところは●、コネクタで接続するところは■を書く。ボックスに入った電線が接続なしで出て行くことはないように、素通りするところも必ず接続を入れる。
3.電源の接地側をスイッチ以外の全ての器具(「他の負荷へ」と書かれている部分なども含む)に繋げる。
4.電源の非接地側をスイッチとコンセント、その他常に電力を供給する部分(常時点灯のパイロットランプ、「他の負荷へ」と書かれている部分など)に繋げる。
(注)三路スイッチがある場合は、(三路スイッチ×2個+四路スイッチ×N個)を1セットとして、三路スイッチの0番のいずれかに繋げる。片側の0番に電源の非接地側を繋げば、もう片方の0番は対象の器具に繋ぐことになるので、これで電線がなるべく少なくなる方を選ぶ。
5.三路スイッチ、四路スイッチの渡り線を引く。2つの三路スイッチの1番同士3番同士、三路スイッチの1番3番と四路スイッチの1番3番または2番4番、2つの四路スイッチの1番3番と2番4番をそれぞれ繋ぐ。
6.スイッチからそのスイッチに対応する器具に繋げる。
7.電線を接続するところ(ジョイントボックス、アウトレットボックス)を◯で囲む。
---筆記試験の問題ならばこのあたりまで---
8.2.0mmのケーブルを使うところには2.0と書く。
9.スリーブの刻印を書く。
10.電源の接地側に繋がっている電線に「白」と書く。
11.電源の非接地側に繋がっている電線に「黒」と書く。
12.電線の色が書かれていないところに、残りの色を書く。2芯のケーブルと3芯のケーブルのどれを使うかを意識して、2芯ならば白か黒、3芯ならば白か黒か赤がそれぞれ重複しないように。
それでは、例題を解きながら手順を1つずつ説明していきます。
平成23年度上期の問題を少し変えて、こんな単線図を作ってみました。
SN3V0777
これを複線図にしていきます。
その際、⑩の電線本数を最少にするようにします。1.単線図に書かれている電源、器具などを同じ配置で書く。電源は「接地側、非接地側」と書く。
SN3V0778
ここは特に説明はありません。
コツっぽいものを書くと、三路スイッチがある場合は1番3番をもう片方の三路スイッチがある側にすると書きやすくなります。
この図のように書いておけば、渡り線を引く時に電線が交差することがなくなるので、後でごちゃごちゃした図にはならないと思います。2.以降、ジョイントボックス、アウトレットボックスになる所で、リングスリーブで接続するところは●、コネクタで接続するところは■を書く。ボックスに入った電線が接続なしで出て行くことはないように、素通りするところも必ず接続を入れる。
ここも特に説明ありません。
ちなみになぜここにこの手順を持ってきたかというと、後でまとめて接続を書くようにすると電線が交差しているのか接続しているのかが分からなくなる可能性があるので、接続はその都度書いたほうがいいというだけです。
今回は全て●で書きます。3.電源の接地側をスイッチ以外の全ての器具(「他の負荷へ」と書かれている部分なども含む)に繋げる。
SN3V0779
ここも説明はいらないと思います。
縦に線を引くならば左が接地側、横に線を引くならば上が接地側というように決めておくと、間違いが少なくなると思います。

4.電源の非接地側をスイッチとコンセント、その他常に電力を供給する部分(常時点灯のパイロットランプ、「他の負荷へ」と書かれている部分など)に繋げる。

ここの手順では、三路スイッチがある場合にちょっと考える必要が出てきます。

まずは、誰がどのように結線してもこのようにしかできない箇所である、三路スイッチ以外の器具を接続します。
SN3V0780
さてここで、非接地側を左右どちらの三路スイッチの0番に接続するかです。

電源の非接地側を左の三路スイッチに接続した場合、右の三路スイッチから2つのDLに接続することになります。
電源の非接地側を左の三路スイッチに接続する際、左の他の負荷へ伸びている電線から引っ張ってくればいいだけなので、これ以上⑩の区間の電線は増えません。
そして右の三路スイッチをDLに接続する際、⑩の区間は通らないので電線も増えません。
全部でプラス0本です。

電源の非接地側を右の三路スイッチに接続した場合、左の三路スイッチから2つのDLに接続することになります。
電源の非接地側を右の三路スイッチに接続する際、⑩の区間は通らないので電線も増えません。
そして左の三路スイッチを2つのDLに接続する際、⑩の区間の電線を1本増やすことになります。
全部でプラス1本です。

ということで、電線の非接地側を左の三路スイッチに接続する方が、⑩の区間の電線本数は少なくて済むということが分かります。
SN3V0781
こうなります。

ちなみにこの状態で、あと三路スイッチと四路スイッチの間に渡り線を2本引くことになるので、⑩の最少電線本数は4本になるというのが分かります。
2ちゃんねるでは複線図を書くことなく頭の中だけで考えて最少電線本数やスリーブやコネクタが分かるという人がいましたが、ぼくはそこまでは達していません。

5.三路スイッチ、四路スイッチの渡り線を引く。2つの三路スイッチの1番同士3番同士、三路スイッチの1番3番と四路スイッチの1番3番または2番4番、2つの四路スイッチの1番3番と2番4番をそれぞれ繋ぐ。
SN3V0782
こうなります。
三路スイッチの向きを考えていたので、渡り線を交差させずに書けました。

6.スイッチからそのスイッチに対応する器具に繋げる。
SN3V0783
右の三路スイッチの0番から2つのDLに電線を引きます。
右のアウトレットボックスから真ん中のアウトレットボックスに引く電線がまっすぐ引くと分かりにくくなると思ったので、接地側の電線に交差させて上に書きました。

7.電線を接続するところ(ジョイントボックス、アウトレットボックス)を◯で囲む。
SN3V0784
ここは特に説明ありません。
ちなみにアウトレットボックスでも□にしなかったのは、電線を垂直か水平の線で書いているので、そこに□を書くと分かりにくくなるという理由からです。
技能試験では、アウトレットボックスを使う問題ではアウトレットボックスが与えられるだろうし、図の接続部分を◯か□で書かなくても間違えることはないだろうという考えからです。
接続2箇所のうち1箇所がアウトレットボックスという問題もあるので、注意が必要かもしれません。
まだアウトレットボックスを使う問題は練習していませんが、練習してみた結果によってはここのルールを書き換えます。

筆記試験の対策はここまでで十分です。
ここからは技能試験対策になります。

8.2.0mmのケーブルを使うところには2.0と書く。
次の手順でスリーブの刻印を間違えないようにするために書くだけです。
単線図に合わせて書いてください。
今回は書きません。
9.スリーブの刻印を書く。
接続する際は複線図を見ながらやると思います。
複線図を見ただけで、後は考えないでも圧着できるようにしておいた方がいいという考えです。
電線の太さと本数を見ながら刻印を選別するのでも時間のロスがないという場合には、特に書かなくてもいいと思います。
ここも今回は書きません。10.電源の接地側に繋がっている電線に「白」と書く。

SN3V0785
電線の色をどうしたらいいか分からないという人が2ちゃんねるにもそこそこいたので、ここから少し細かく説明していきます。

まずは、電源の接地側に直接繋がっている電線を白にします。

11.電源の非接地側に繋がっている電線に「黒」と書く。
SN3V0786
電源の非接地側に直接繋がっている電線を黒にします。

12.電線の色が書かれていないところに、残りの色を書く。2芯のケーブルと3芯のケーブルのどれを使うかを意識して、2芯ならば白か黒、3芯ならば白か黒か赤がそれぞれ重複しないように。
ここまでで色を決めたところ以外は、ぶっちゃけ好きな色でいいです。
と言っても、2芯のケーブルだったら白・黒の2色、3芯のケーブルだったら白・黒・赤の3色というのが決まっているので、そこから外れないようにします。

まず、2つのDLにそれぞれ伸びている2本の電線です。
ここは2芯のケーブル1本ということになります。
片側が白になっているので、もう片方は黒になります。
SN3V0787

これ以降は、完全に趣味の世界です。
ぼくはまず、DLの黒に直接繋がっている電線、つまり右と真ん中のアウトレットボックス間と、右のアウトレットボックスから三路スイッチの0番に繋がっている電線を、同じ黒で揃えてみました。
SN3V0788
右と真ん中のアウトレットボックス間を黒にした理由はもう一つあります。
この区間は電線4本なので、2芯ケーブルを2本通すことになります。
そして、下2本は三路スイッチと四路スイッチの渡り線になるので、これをまとめて1本のケーブルとしたいと思いました。
ということは、上2本の電線が2芯のケーブル1本になります。
上から2番目が白となっているので、一番上は黒にするしかありません。

実際の工事になると、4芯のケーブルとかもあったりすると思うので、絶対にこうとは限りません。
しかし、第二種電気工事士の試験においては2芯か3芯のケーブルしか使わないみたいなので、これでいいと思います。

そして残りの部分の色を決めていきます。
左右のアウトレットボックスから三路スイッチにそれぞれ引くケーブルは3芯、他は全部2芯になります。
ということで使える色を選ぶと、三路スイッチの1番から出ている電線を白で全て揃えられそうなのでそうしました。
SN3V0789
ここは無理に揃える必要はありません。
たまたま揃えられたので揃えたというだけです。

あとは、3芯ケーブルの残りは赤で、2芯ケーブルの残りは黒になるので、それを埋めます。
SN3V0790

手順の12は趣味の世界と書きましたが、施工条件で色を指定される場合もあると思うので、くれぐれも見落としがないようにしましょう。

こんな手順で複線図を書いていけばいいかと思います。
これで、ぼくの複線図を書く手順は完成です。
よかったら参考にしてみてください。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*