携帯のバッテリーがすぐに切れる時に考えてみるといいかも

a0002_001123
写真素材足成(http://www.ashinari.com/)

ここ最近、携帯電話の電池の減りがものすごく速くなってきていました。

この携帯を買った頃は週に1度ぐらいの充電で使えていました。
それが最近は2日か、短い時だと1日しか持たないようになっていました。
朝起きたら電池がなくなって携帯が切れていたことも何度かありました。
自分ルールで残り30%を下回ったら充電するようにしていたのにです。

今回、これについての対策が見つかったかもしれない(現在検証中です)ので、それを紹介します。

住宅構造のせい?

最初に疑ったのはこれです。
というのも、鉄筋コンクリートの自宅では1~2日に1度充電が必要になっていましたが、木造の実家に帰省した時は毎回週1ペースぐらいの充電で大丈夫だったからです。

しかし、携帯を買った当初から鉄筋コンクリートというのに変わりはありません。

じゃあ携帯の電波が何か変わったのかとも思いました。
鉄筋コンクリートの壁+高い周波数で電波が弱くなったのかと思いました。
これについては、2013年6月にFMヨコハマが送信所を磯子から秦野に移動した際に、自宅でのラジオの入りが悪くなったというのもあったので。

というわけでちょっと調べてみると、2012年7月に旧800MHz帯の使用を終了したとかいうのは出てきたのですが、この携帯を買ったのが2012年10月なのでこれは関係なさそうでした。

というわけで、これが原因かもしれないし違うかもしれないというもやもやした状態でした。

バッテリーの劣化?

次に疑ったのはこれです。
auのポイントも貯まっていたことなので、それで新しいバッテリーパックを購入しました。

結果は変わりませんでした。
電池パック1,500円ぐらいしたのに・・・

その他、携帯の電源を入れなおしてみたり初期化してみたりというのも試しましたが、やっぱり変わりませんでした。

そして原因らしいものが判明

それは、携帯を置いている場所です。

普段はこたつの上に置いているのですが、その近くにはノートPCとタブレットも置いています。
そしてちょっと離れた場所に無線LANの親機を置いているのですが、無線LAN親機とPCタブレットを結ぶ直線上に携帯を置いていました。

無線LANは2.4GHzで、携帯は800MHzか2GHzらしいから、あんまり関係ないんじゃないかと思っていました。
でもまあ試しにと思って、こたつの上ではなくちょっと離れた場所に置いてみました。

その結果、23日(金)正午頃に100%に充電したのが、27日(火)正午過ぎ現在で残り50%です。
残り30%になるまで、満タンにしてから5~6日は持ちそうになりました。
これだけゆっくり減っていくならば、残り10%か20%になってから充電しても大丈夫な気がします。

まだ充電してから初めて場所を変えてみているところなので、2度3度充電してみて長持ちするようだったらこれで解決です。

無線LANだけでなく、PCやこたつが発するノイズが影響していたというのもあるのかもしれません。
なので本当のところの原因はよく分かりません。

携帯の電池の持ちが悪い場合、部屋の中での置き場所を考えてみるというのもいいと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*