事業用クレジットカードで個人の買い物をした場合の仕訳

a0002_003051
写真素材足成(http://www.ashinari.com/)

ぼくは楽天カードを事業用にしているのですが、楽天市場で個人の買い物をするときにデフォルトで楽天カードからの支払いになるので、個人使用のカードに毎回切り替えるのが面倒です。

そして先日、いつかやるとは思っていましたが、間違えてカードの切り替えをせずにそのまま支払いしてしまいました。
でもまあ仕訳帳に記入する時に気をつければいいやと思って、特に取り消しもせずに支払いました。

それでいざ仕訳帳に記入しようとした時、参考になるネタがないかとググってみました。
事業用カードで事業の買い物をしたとか、個人用カードで事業の買い物をした時の仕訳はよく出てきましたが、事業用カードで個人の買い物をした仕訳というのが出てきませんでした。
同じぐらい出てきてもいいような気がするけど。
皆さんそんなヘマはしないということでしょうか(笑)。

というわけで、自分で考えることにしました。

例として、次のようにしてみます。

1月8日 事業用カードで個人の買い物  1,000円
1月9日 事業用カードで事業(消耗品)の買い物 19,000円
2月27日 カードの引き落し 20,000円

方法1

まず最初にこの方法を思いつきました。
2月27日に引き落としの一部を事業主貸にする方法です。
というわけで仕訳は以下のとおりです。

1月9日
消耗品費 19,000 未払金 19,000

2月27日
未払金 19,000 預金 20,000
事業主貸  1,000

これでもいいと思います。
ただこれだと、1月8日にした買い物を2月27日に記入するまで覚えていなければならなくなります。
記入時にカードの明細を確認すればいいのですが、普段は100%事業でしか使わないカードなので銀行の引き落とし金額をそのまま未払金として入力しています。
なので、数字が合わないことになるかもしれないと思ったわけです。

というわけで、次の方法2です。

方法2

1月8日に事業主貸として個人にお金を移すようにします。
ただしお金はその時点では未払金とするわけです。
というわけで、仕訳は以下のようになります。

1月8日
事業主貸  1,000 未払金  1,000

1月9日
消耗品費 19,000 未払金 19,000

2月27日
未払金 20,000 預金 20,000

これでどうでしょう?
自分自身に対してツケ払いを使うようでちょっと変な感じですが、こっちの方が忘れる心配がないのでいいような気がします。

ちょうどこれから確定申告の時期なので、この方法がお役に立てたら幸いです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*