イスラム国の邦人人質事件に関するぼくの考え

まず初めに、解決のためにはこうすればいいという話をするつもりは全くないので、そのつもりでお願いします。

とりあえず言いたいことがいくつかあります。

まずこの2人のどちらだったか、自己責任だと言ってから現地に行ったようです。
でも捕まって日本政府に迷惑かけている時点で、自分で責任を負えていないということです。
自己責任というのならば、相手が要求した身代金を自分で用意して、日本に迷惑をかけずに解決するぐらいはしないとだめでしょう(ただしこれをやるとテロ支援とみなされるでしょう)。
まあ2億ドルなんて個人で用意できるものではないでしょう。

日本が身代金を出さないにしても、この二人は日本政府にいろいろと迷惑をかけています。
正直言うと、安部総理もこの件に関してはスルーでいいと思うのですが、まあ捕まったのが日本人である以上何らかの対策はしないといけないというところでしょう。

なので、自己責任で行くというのであれば、日本国籍は捨ててから行くべきだったと思います。
国籍を捨てるというのはどういう手続きでできるのか知りませんが、

まあそこまで考えることができる人だったならば、そもそも危険地域へ行ったりしなかったのかもしれません。

Change.orgから、人質を救うためにイスラム国周辺国への2億ドルの人道支援を留保しろという署名の案内メールが来ました。
この人道支援がどうかと言う話は置いておいて、見てみると見事に「安倍首相が悪い」「人命を最優先にしろ」というコメントばかりでした。
あまりに偏った意見ばかりでおかしいと思ったけど、このコメントはこの意見に賛同するボタンを押さないとできないので、偏るのも当然のことでした。

「人命第一」を安倍首相は実行しろと言うコメントもあるけど、その人命を最初に軽視したのはこの人質2人です。
日本政府は行くなと警告しているのにそれを聞かずに危険地域へ行って、その尻拭いをする必要はないでしょう。

あと今回の件に関して九条の会のコメントが何一つ聞こえてこないんだけど、どう思っているんでしょうか?
九条の会のホームページを見ても全然更新されていないし・・・
と思ったら21日付けで更新されていました。
会報が発行されていたみたいだけど、中を見てみたらやっぱりスルーでした(笑)

日本が事件に巻き込まれた時は見ないふりをして、自国を守ろうとした時は全力で文句をいう。
これが九条の会の活動方針だと理解しました。
この人達の言う「戦争はしない」というのは、一方的にやられても反撃せずに黙っているということでしょうね。

憲法9条の縛りがあるので日本はこの件に対して何も手出しできず、向こうもそれを分かって舐めているんじゃないかと思います。

もし今回の件を九条の会の人たちが話し合いで平和的に解決できたならば、ぼくも九条教信者になります。

こんなところです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*