主婦の仕事の年収換算について思うこと

a0002_003051
写真素材足成(www.ashinari .com)

主婦の仕事を年収に換算したらいくらになるかという話です。
「主婦 年収 換算」で検索すると、色々とでてきますね。

ざっと目についたものを挙げてみると、
・1200万円
・770万円
・1300万円
・800万円

あとちょっと低めの考えだと、
・子育てありで480万円?、子育てなしで240万円?
などという話もありました。

ということで、自分もこれについて考えてみようと思います。
あくまでも素人の意見なので、こう思っている人もいる程度に読んでもらえたらいいかと思います。

労働の対価として収入を得るということ

まず、労働の対価として収入を得るということは、サービス対象が自分や家族以外の他人ということになります。

というのも、税金の計算では自分たちで消費した分については売上を計上しないからです。
計上したければしてもいいと思うのですが、自分たちの中でお金を回しているだけなのに税金が発生してしまいます。
旦那さんの年収が500万として、手取りは420万ぐらいになるようです。
では主婦の仕事の年収を例えば400万として旦那さんが奥さんに支払ったら、手取りは330万ぐらいになるようです。
旦那さんが税金や社会保険に80万ほど払って、残りのお金を奥さんに渡してさらに税金や社会保険に70万払うという事になります。
家庭内でお金を回しているだけなのに出費が70万も多くなるってどうなんでしょうね。
でも、自分以外を赤の他人とみなして対価を要求するということは、こういうことだと思います。

あと子育てに対価を要求するならば、今度は自分が歳をとって子供たちに世話される番になったら、自分が子供たちに対して対価を支払わなければならなくなります。

市場価値として

それでも主婦の仕事にそれだけの価値があると信じるのであれば、実際に売りに出してみるといいと思います。
ヤフオクとか使えば、簡単に販売できると思います。
売りに出す場合は、年単位で出します。
例えば1日3万円で売りに出したら、緊急事態が発生したので1日ぐらいだったら出してもいいという人が現れるかもしれません。
じゃあその人に365日ずっと同じ値段で雇ってくれというとまた話が変わってくると思うので、1日3万で売れたからと言って年収1000万の価値があるというのとは違うと思います。

もしくは、自分がしている一切の家事を他人にお願いする場合にいくらまで出せるかというのを考えてみるといいと思います。
出すお金は、当然旦那さんの財布からではなく自分の財布からです。
だって、主婦の仕事として対価を要求しようとしている相手は他人である旦那さんなのだから、自分が受けるサービスのお金をその他人の財布で払おうとしてはいけません。
そうして家事をしてくれる人を雇って、自分は外に仕事に行けばいいと思います。
最初にいくつか挙げた金額を払って自分は外で仕事をしても、多くの人は大赤字になるのではないかと思います。

ちなみに自分だったらいくら出すかというと、緊急時を除いては1円も出さないと思います。
人生の半分以上を一人暮らししてきて、家事の大変さは分かっているつもりです。
子育てをしたことはありませんが、甥や姪の面倒を数えるほどですが見てきて、これも大変さはよく分かっているつもりです。
じゃあお金を出すかというと、やっぱり出しません。
なぜならば、わざわざお金を払って人に頼まずとも自分でできるからです。
ただし、そのお金を払う以上の収入を得る手段があってそちらの方に時間を割きたいという場合は、この限りではありません。 
もし家事に年間1千万払うならば、時給で1万円ぐらいは稼げるようになってからだと思いますが。 

物の価値というのは、売買が成立して初めて認められるものだと思います。
例えば、自分の持っている100円玉を、これは特別なものだと言って100万円ぐらいでオークションに出したからと言って、それが100万円の価値があるということにはなりません。
その値段で買ってくれる人が現れて初めてそれだけの価値があるということになります。
上に挙げた金額はいずれも売主がそう主張しているだけで、まだ買い手はいない状態だと思います。 

そもそもの発端は何か?

主婦の仕事を年収換算しようという考えが出てきたのは、いくつか理由があると思います。
ぼくが思いついたものを挙げてみます。

旦那さんが奥さんの主婦としての仕事を見下している
多くはこれが原因じゃないかと思います。
学生の頃は偏差値がその人の価値を測る物差しですが、大人になるとそれが収入に変わります、というかそう考える人が多いと思います。
そして旦那さんは、お金を稼ぐ自分は稼がない奥さんよりも偉いと思い込むのではないでしょうか。
専業主婦が無収入であっても、自分がするべき仕事はしっかりこなしているはずです。
だから世の奥さん方はそういう旦那さんに対して、自分も年収で言うとこれだけの仕事をしているんだというのを言いたいんだと思います。

旦那さんの仕事は年収という客観的な指標があるけど、奥さんの主婦の仕事にはそれがない
これも上と似たような事かもしれません。
ただ、旦那さんの批判はなく自分で自分の仕事に自身が持てないというパターンです。
なので、自分の仕事は年収でこれだけあるんだと思って安心したり自信をつけたいんじゃないかと思います。
だから、ファイナンシャルプランナーなんて資格を持った人が、本来そこまで市場価値がないであろうものに値段をつけているんだと思います。
本当にその価値があると信じて値段をつけているのであれば、ファイナンシャルプランナーという資格は馬鹿でも取れるのかもしれないと思ってしまいます。

奥さんが強欲
中にはこれもあるでしょう。
男性がこの事を叩いているのは、これを想定してだと思います。

まとめ

せっかく結婚して夫婦になったんだから、もっとお互いの仕事に感謝したらいいと思います。
実際そうやってきて、「年収換算?何それ?」という夫婦も多くいることだと思います。

奥さんが家事の対価を旦那さんに要求したら、旦那さんが食材費や水道光熱費、あと家賃を逆に奥さんに要求して、結果赤字になったいう話をどこかで聞きました。(記憶が曖昧なので細かいところは違っているかもしれません)
そういうので論破して話を収めても、なんか悲しくないですかねえ。
そんな関係になってしまったら、離婚したほうがお互いのためだと思います。

結婚未経験者が理想を語っているだけかもしれませんが、不満があればちゃんと話し合って、二人でそれを解決していくのが夫婦だと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*