ゴキブリの進入経路を考える

a0782_000009_m
写真素材足成(www.ashinari .com)

我が家には毎年3~5匹程度のゴキブリが現れます。
今年は、今のところ家の中に2回現れました。
この程度の数なので家の中に巣はないと思っています。

ちなみに実家では、去年は1~2日に1匹は見ていたそうです。
実際、夏に帰省した時も1週間足らずの間に3回は見たと思います。
これぐらいまで行くと、巣がありそうな気がしています。

部屋に巣はないと思うのですが、マンションの共用部でゴキブリが歩いているのをよく見かけます。
なので、外から侵入してきているのではないかというのがぼくの予想です。

うちは築30年以上のボロいマンションなので、気密性も何もなくどこも結構隙間だらけです。
なので侵入経路は、その隙間のどこかだろうと思っています。

そして、つい最近一番怪しいすき間を発見しました。

それは「玄関」です。

玄関は金属製のドアですが、よく見ると周囲が3mmぐらい開いていました。
どこか一方向だけではなく、四辺全てです。

ゴキブリって空から飛んでくるわけではなく、基本的には壁や床を這ってくると思います。
なので、玄関ドアの四辺に隙間があるというのはゴキブリにとっては玄関ドアが開放されているのと同じということです。
1mmでも開いていれば奴らは入ってくることができるらしいので。

そして、うちは玄関を入ったらすぐ台所なのですが、台所で見る頻度が圧倒的に多いというのもあり、ここが一番怪しいと思っています。

それで対策ですが、隙間を塞ぐのが一番いいと思います。
とりあえずの応急処置として、玄関の周囲に医薬品ゴキジェットプロをかけておきました。

他の殺虫剤と比べてちょっと高いですが、これには待ちぶせ効果もあるようなので、玄関を通ってきたゴキブリが部屋の中を動き回る可能性は低くなります。
死骸も見たくないという場合は、やっぱり隙間をきっちり塞ぐのがいいと思います。

これ以外にも、うちには隙間がたくさんあります。
台所とお風呂とトイレの換気扇、台所とお風呂と洗濯機の排水口、エアコンのパイプ穴、その他窓の隙間など。

なので、ゴキブリ完全シャットアウトは厳しそうです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*