24時間テレビについて思うこと

a0002_011580
写真素材足成(www.ashinari .com)

今年もまたやっているようですね。
ぼくはここ数年、1秒も見ていませんが。

「チャリティでありながらギャラが発生するのはオカシイ」「障害者を見世物にするな」などなど、いろんな批判の声をよく聞くので、これについてちょっと考えてみました。

無給でやるべきかどうか

外国のチャリティ番組であるテレソンでは、出演者はみんなノーギャラのようです。
製作者側はどうなんでしょうね?

一方、日本の24時間テレビでは普通の番組のようにギャラが発生しているようです。
自分たちは寄付はしませんが、募金を呼びかけるお手伝いはしますというスタンスでしょうか。
中には、武道館に貯金箱のようなものを持ってきて募金するタレントさんもいた記憶がありますが、その額は恐らくその人がもらうギャラに比べたら微々たるものでしょう。

無給にするとしても、どこまでするかという問題があると思います。
例えば、番組制作のために使った交通機関の交通費は無料にしろとか、この期間のお弁当は無料にしとろか、いろいろと無理が出てくると思います。

ということで、主催者が負担するのが一番いいのかなと思います。
主催者というと日本テレビになるのでしょうか。
さらに言うと、この番組を利用して宣伝させてもらっているスポンサーもでしょうか。
スポンサーは普通に広告料を日本テレビに払って、日本テレビが広告収入から番組制作にかかった経費から全額を寄付するというのはどうでしょうか。

では、経費としてタレントのギャラを入れるかどうかです。
これは、ぼくは入れてしまっていいと思います。
ただし、そのギャラ全額を寄付するかどうかはタレントに任せればいいのではないでしょうか。
もちろん、ギャラを全額寄付することをテレビ局が止めるというのはなしです。(そういう話も聞いたので)
生活が苦しいとかどうしてもお金が必要だという人もいると思うのでそこは止めないとして、半分ぐらいのタレントさんは寄付してくれるかもしれませんね。

あと、この日の日本テレビ社員の給料も寄付するとかね。
この分を給料から天引きとかしたら、組合がキレるんですかね?

そこまでやれば、今のようにギャラが発生しても十分チャリティを謳っていいと思います。


タレントのギャラについて

誰か一人ぐらい武道館で「ギャラ全額寄付します」と突発的に宣言して、その後SNSなどで振込明細の画像等をアップロードするというような猛者は表れないんでしょうかね?
そうすれば世間での評価も上がると思いますし、それに続けという人も出てくるでしょうし。
その後24時間テレビ側がこの人をどう扱うかによっても、製作者側の考え方が分かると思います。

本来、こういう人は番組としては歓迎されるべきなのでしょうが、明石家さんまさんが24時間テレビからのオファーを受けた時に「ギャラを全額寄付する」と言ったところテレビ局から止められて、結局出演をやめたという話を聞きました。
これが都市伝説かどうか分かりませんが、そんなことを思いました。

あと都市伝説といえば、24時間マラソンをやった萩本欽一さんがギャラを吹っかけるだけ吹っかけて、もらったものを全額寄付したという話も聞きました。

そういう人がもっと現れてもいいような気がしますが、みんな影でコッソリやっているのかただガメツイだけなのか、そういう話は聞きませんね。


チャリティマラソンについて

ぼくの記憶では、元々は間寛平さんが自分からやると言い出したもので、テレビ局からの要請ではなかったと思います。
やってみるとかなり評判が良かったので、テレビ局がそれを恒例化して客寄せに使ったということだと思います。

ちなみに24時間で100キロというのは、想像以上にキツイと思います。
ぼくもフルマラソンを走ったことがありますが、ゴール後にもう1周半行って来いと言われたら、歩いていいと言われても断ると思います。
ましてや、普段マラソンをやり慣れていないような人がよく挑戦されているようなので。

なので、歩いても簡単にゴールできるじゃねーか!と批判するのはちょっと違うのかなと思います。

あと前に誰だったか、番組終了までにゴールできそうにないという人がいて、その人が再び中継された時に残りの距離がぐっと縮まっていて、その時間と距離を計算すると100mの世界記録を超える速さだったという話もありましたね。

こういうのも批判される原因になっていると思います。

これとは全然関係ありませんが

これと同時間にスカパーでもチャリティ目的の24時間テレビというのをやっていて、テーマは「エロは地球を救う」だそうです。
この中でおっぱい募金というのをやっていて、募金をすると女の子のおっぱいを揉めるという事です。
やっている内容については置いておいて、女の子たちは全員無給という話なので、チャリティとして本来あるべき姿なのかなと思います。

あと、これを調べる際に番組のホームページを見たところtwitterでも募金ができるというのを知ったので、ぼくもリツイートしておきました。
目標は24,081リツイートらしいですが、16時30分時点で6,393リツイートなので、目標達成は厳しいようです。

とまあ色々と思ったことを書いてみました。
ちなみにぼくは興味がないので今年も見ませんし、自分の生活が苦しいので募金もしません。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*