先月の携帯代がようやく無料通話内に収まりました

7月の携帯使用料が確定しました。

keitaimeisai

上の画像では請求月で書いてあるので、2014年8月の列が7月の使用料になります。

この図での2014年2月から4月分ぐらいが、普段の携帯代でした。
5月に急に携帯代が上がったので料金プランを一段階上げて、6月7月とも無料通話分をオーバーしてしまいました。

そして今月、プラン変更して以来初めて無料通話内に収まりました。

以前の携帯代の平均が1,300円ぐらいで、今回が2,100円ぐらいです。
ということで800円ぐらいアップしています。
増分の内訳は、基本料の増分、ナビダイヤル使用料、消費税増税分なので、まあ妥当な所でしょう。

ただし今月は無料通話が1,000円ちょっと残ったので、それも考えるとほぼトントンぐらいです。

携帯代を安く抑えられた原因

今回、携帯代を安く抑えられた原因は以下の二つと考えます。

1.かける時は必要な電話かどうかをよく考える
自分は電話するのが好きなのですが、なるべく使わないようにします。
かける時は、相手がフリーダイヤルだったら何も考えずにかけていいですが、そうでなければ本当に必要かどうかを考えてからかけるようにします。

2.急ぎの用事でない場合は相手からかかってくるのを待つ
自分の場合で言うと、不動産の管理会社に募集の調子とか修繕の進捗具合とか聞きたいわけです。
ただ、急ぎではない用事です。
こういう時は、相手からかかってくるのを待ちます。
セコいですが(笑)。
そして、相手の用事が済んだところで自分からの話もさせてもらいます。

今のところはこの料金プランが自分に合っているようです。
この調子で無料通話分が5,000円まで溜まったら、料金プランを安くしようと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*