ぼくの英語との関わり(最後)

昨日と一昨日の続きです。
一昨日の記事はこちら
昨日の記事はこちら

長くなりましたが今日で終わりにします。

英語を学習する目的

最初は何となく始めた英語学習ですが、いつの間にか本気になっていました。
というのも、目的ができたからです。

その目的というのは「英語で飯を食う」です。
しかしこれは主目的の延長上にある目的であって、本当の目的は別にありました。
それは「会社を辞めたい」です(笑)。

仕事が自分に合っていないというのもあり、残業休出で自由になれる時間が取れないというのもあり、非常にストレスの多い生活を送っていました。

その時は、毎日夜の12時近くに帰宅して、それから2時間ほど英語をやってから寝るという生活を送りました。

その結果・・・自宅でぶっ倒れて全身硬直と呼吸困難を発症して、死ぬ思いをしました。
身体が言うことを聞かなかったので救急車を呼ぶこともできませんでした。
このまま死んでしまうのかと思いながら30分ほど横になっていたら、だんだん呼吸が楽になってきて助かりましたが。

この事があってから会社に対して辞意を伝えましたが、正当な理由もないということで却下されてしまいました。
この時思ったことは「会社に殺される」です。
ということで、最低TOEICスコア860を超えてこれで食べて行きたいと主張すれば認めてもらえるかと思って、これを目指すようになりました。
いや、やるからには900点台後半を取って、さらに上を目指したいと思っていました。

うつ病発症から退職まで

毎日のストレスに我慢しながら生活していましたが、とうとう限界を超えてしまいました。
最初に発症したのが2008年5月です。
この時は休職まではせずに、周囲の人達のフォローもあり、2週間休暇をもらってその後は定時帰りということになりました。

英語を身につけるのが先か、自分が潰れてしまうのが先かという状態で、いよいよヤバいという感じです。
ということでこれ以降も学習を続けて、かつてプロフィールにも載せていた745点を取れました。
その時の成績表がこれです。

SN3V0255

試験日が2008年9月となっています。
これが最後のTOEIC受験です。
今となっては過去の栄光ですが。

これを取った時はめちゃめちゃ嬉しかったのを覚えています。
というか、700点も取れるんだったらかなり英語を使えるというイメージでしたが、自分が取ってみて全くそんな事はないと分かりました。

その後、周りもぼくがうつ病を発症したということを忘れてしまったのか、また毎日終電の生活に戻っていました。
というわけで本格的に潰れてしまい、この年の12月から休職することになりました。
これ以降は英語をやる余裕なんてなくて、ただ生きるのに必死だった気がします。

その後、復職と休職を何度か繰り返し、もう復帰は無理だと悟ってからは休職期間満了まで目一杯休んで、そのまま退職となりました。

現在の話

うつ病から退職することで、期せずして「会社を辞めたい」という目標を達成してしまいました。
主目標達成した今、英語で食べていくという目標も薄れてしまいました。
というわけで、もう何年も英語の学習をしていません。

いや、何となく学習をやめてしまったというわけでもありません。
これからの自分の人生を考えて、そこまでハイレベルな英語が自分には必要ないと判断しての事です。
今のところは、外国のネットショップを使った際に問題があったらメールでやり取りできて、外国に旅行した際に何となく意思疎通ができればいいという程度にしか必要性を感じていないので、それ以上の学習もしていないというわけです。
外国の人と英語でお話したり、ペーパーバックを楽しむというのにちょっと憧れてたんですけどね。

今後もし英語が必要になったら、また学習を再開すると思います。
その時によって、必要なものと不要なものを取捨選択して、必要と思ったものに打ち込めばいいのかなと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*