Androidで寝ながら読書するためのいいアプリ見つけた

ぼくのモバイル環境は今、ガラケー+Androidタブレット持ちです。
タブレットは、旧型Nexus 7です。

タブレットの使い方

タブレットの用途は以下のとおりです。

1.手帳
ジョルテをGoogleカレンダーを連動させて、予定を記入する。
家にいるときはPCから、出先ではタブレットから。

2.電子書籍リーダ
青空文庫とかkindleとか。

3.Android用ゲーム機
まあゲームと言っても、今はウィンドランナーぐらいしかやっていませんが。

4.その他
音楽やラジオを聴いたり、出先で調べ物をしたりなどできるように、ひと通りアプリは入れてあります。
ラジオについてはほぼPCで足りてしまうので、タブレットではほとんど聴きません。

タブレットは普段はスタンド付き?ケースに入れて、横向きで使っています。
ただ、本を読むときだけは縦持ちにして使います。

もし寝ながら本を読みたいときは、体を横にしてタブレットも横にしてスタンドで立てます。
そこで、置き方は横向きに立てながらも画面は縦で使いたかったのです。
しかし、タブレットを横に置くと画面も横向きになってしまいます。

そこで、タブレットは横置きだけど画面は縦にできるようなアプリを探していました。
そしてできれば、どっちを上にしてどっちを下にするかも選べるようなものがいいです。

そして最近、ついに無料で完全に動くアプリを見つけました。

画面の回転制御アプリ

Rotation Manager – Control

これがとても素晴らしいプアリです。
他にも似たようなアプリがあるにはあったのですが、縦横は選べても上下をどちらにするかは固定だったり、上下を選べるようになっていても相性が悪いのか画面が思った向きにならなかったりしていました。
しかし、このアプリは思った通りの向きに設定出来ました。

基本の設定はこんな感じです。

Screenshot_2014-06-30-21-09-49

アプリによって、画面をどちら向きにするか設定できるようになっています。

また、左上の(?1)をタップすると上下を逆にできます。
Nexus 7を縦持ちするとき、普通はUSB差込口の方向が下になるのですが、この機能を使うとUSB差込口の方向を上にすることができます。

しかし、ここで設定しないでもその都度画面をどの向きにするか設定できます。
なので、ぼくはこちらでは設定していません。

都度設定するところはここです。

Screenshot_2014-06-30-21-14-47

通知領域というのでしょうか。
ここで設定できます。

自分が横になって右を向いたときは画面は縦の逆向き(?1)、横になって左を向いたときは縦の順方向に設定します。
これで、寝返りを打っても大丈夫ですね。

このアプリ、まだレビューがあまりないので、最近作られたものなのかもしれません。
できたら、うつ病全盛期の時に欲しかったアプリです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*