国民健康保険料を減らす方法

国民健康保険に入っている方には、そろそろ保険料額の決定通知が届いている頃だと思います。
我が家にも昨日届きました。

基本的には前年度の収入から自動的に保険料が計算されますが、経済的に苦しい場合など申告すればさらに保険料を下げることができる場合もあります。
なので、ご自身の場合も下げられないかどうかもう一度見直してみましょう。


保険料の計算方法

まずは、保険料の計算方法を理解しましょう。

保険料には、「医療分」「支援分」「介護分」の3種類があります。

「医療分」は、普通の医療費に充てられる、いわゆる基礎になる部分です。
「支援分」は、後期高齢者医療制度に充てるものです。
「介護分」は、介護保険制度の費用に充てられるもので、保険料がかかるのは40歳以上65歳未満の方のみです。

そして、このそれぞれに「所得割」と「均等割」の2つの保険料が計算されます。(横浜市の場合)
上記にプラスして「平等割」と「資産割」がかかるところもあるようです。

「所得割」は、前年度の所得に応じて計算されます。
「均等割」は、一定額×被保険者の人数で計算されます。
「平等割」は、1世帯に対して定額がかかります。
「資産割」は、土地や建物など固定資産に応じて計算されます。

これらを表にすると下記のようになります。

所得割 均等割 平等割 資産割
医療分 a1 a2 a3 a4
支援分 b1 b2 b3 b4
介護分 c1 c2 c3 c4

こんな感じでa1?c4がそれぞれ計算によって求められ、これらの合計(a1+a2+a3+a4+b1+b2+b3+b4+c1+c2+c3+c4)が年間の保険料になります。
横浜市の場合は平等割と資産割はかからないので、(a1+a2+b1+b2+c1+c2)が年間の保険料になります。

保険料を下げる方法

ここからが本題です。

もし収入が著しく低くなった場合でも、「均等割」「平等割」「資産割」は一定額かかってきます。
これは我慢して払わなくてはならないかというとそんなことはなく、低所得者のための救済措置があります。

前年度の所得によって保険料を、2割、5割、7割減額してくれる制度があります。
横浜市の場合は、均等割額に対して上記の割引をしてくれるようです。

この割引について、自治体によって自動で適用してくれるところもあれば、申請しなければ割引してくれないところもあります。
なので、収入が少ないのに割引されていないようだったら、申請すれば簡単に減額できます。

その他、退職したとか災害にあったとかの場合も、申請すれば減額してくれるようです。
ぼくはこれを知らずに、退職した年も言われるままに我慢して支払っていました。

少しでも払うのが苦しい場合は、とりあえず役所に相談するのがいいです。
一度支払ってしまったものを払い戻すことはできないので、できるだけ早く相談しましょう。
もし相談して断られたとしても、こちらに損になることは一切ありません。
やればプラスか最悪でもゼロで、絶対にマイナスになることがないのであれば、やらない手はないでしょう。

国民健康保険料は下がれば下がるほどお得

国民年金の保険料も、収入が少ない場合は一部もしくは全額免除される場合があります。
ただし、将来受け取れる年金もその分減らされてしまいます。
なので、減額した分まるまる得するというものではありません。

国民健康保険の保険料は、減額が認められたからと言ってこちらに損になることは一切ありません。
こいつ保険料少ないから、適当に診察しておこう・・・なんてことはありえませんので。
なので、とにかく減らせば減らすほどお得です。

保険料の滞納には注意

収入が多いけど払いたくないという人は置いておいて、生活が苦しいので無断で滞納しているという場合は注意が必要です。

しばらく滞納すると保険証の期限が短くなったり、最悪資格が止められて窓口負担10割になったりします。
これで何も起きなければこれでもいいのかもしれません。
しかし、もし大きな事故とか病気とかした場合に、国民健康保険に入っていれば自己負担限度額が適用されるのですが、これが10割負担プラス青天井になったりすることもあります。
その他、出産や死亡等の一時金が受け取れないというのもあります。
資格が止められて嬉しい事は何一つありません。

じゃあどうすればいいかというと、とにかく役所に相談です。
本当に生活が苦しい場合は、毎月1000円ずつ支払うとかでも受け付けてくれると思います。
とにかく、払う意志を見せることが重要なようです。

ちなみに話は変わりますが、NHKの受信料を滞納している場合は絶対に払う意志を見せてはいけません。
みんな払えば自分も払うとか、今はお金がないから後でとか、NHKがまともになれば払うとか、条件次第で払いますみたいなことを言ってしまうと、それで時効がストップしてしまいます。
過去の分はいいから今月分だけと言われて払ってしまうと、それが払う意志とみなされて時効がストップしてしまい、それで裁判を起こされたら本来は時効で払う必要のない過去の分まで払わなければならなくなってしまいます。

最後に、ぼくの保険料を公開してみます

参考になるかどうか分かりませんが、ぼくの保険料を公開してみます。

まずは去年(平成25年6月?平成26年3月)の保険料から。

去年

これでもかなり低いほうだとは思うのですが、毎月1万5千円近くはきつかったです。

次に今年(平成26年6月?平成27年3月)の保険料。

今年

今年の基準所得金額はゼロですが、横浜市の場合は自動で7割の減額が適用されていました。
おかげで今年はかなり楽になりそうです。
VIVA!貧乏・・・って喜んでいる場合でもないです。

以上、貧乏人にとっての国民健康保険料の減額方法を書いてみました。
まとめてしまうと「支払いが苦しい時は役所に相談」これだけです。

高額所得者の場合はまた別の減額方法があります。
知りたい方は、ググればいろいろとヒントが出てくると思いますので調べてみてください。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*