お風呂がきれいになりました

書きたいネタがあったのですがまとめるのに時間がかかりそうなので、今日は日記的なものを。

月曜から始まった浴室の工事が、今日終わりました。

工事をお願いした理由

元々なぜ工事をお願いしたかというと、壁のタイルが剥がれそうになっていたのを修理してもらうためです。
ぐらぐらしたタイルを剥がしてみると下地がかなり凸凹になっていたので、剥がれそうなところだけ剥がしてその他は残して、あとはその上から新しいタイルを貼るように施工してもらいました。

それで、壁を修理するついでに古くなったバランス釜も交換してもらえることになりました。

修理後はこんな感じになりました。

SN3V0214

バランス釜なので古臭く見えますが、ぼくの感覚ではピカピカで満足です。

早速入浴してみました

この前銭湯に行ったとき、ぬるめのお湯にのんびり浸かるのもいいなと思ったので、普段はシャワーで済ませるところですが、せっかく新しくなったので久しぶりにお湯を溜めてみました。
ちなみに前回自宅でお湯を溜めたのは、もう2~3年以上前になるので覚えていません。

ぬるめのお湯に浸かるのは、とてもリラックスできそうな気がします。
ひょっとしたら、うつ病にも効くのかもしれないと思いました。
ただ、鬱の最中はお湯を溜めて沸かすのが面倒で、そもそもやろうという気になれなかったと思います。

というわけで、ぬるめの半身浴?で、しばらくぼけーっとしてみました。
本当は半身浴程度のお湯の量でよかったのですが、浴槽の循環口の上5cmぐらいまでお湯を溜めないと沸かせなかったので、そこまで溜めてから入ったところ胸のあたりまでお湯が来てしまいました。

今まではお風呂の時間は無駄だと思っていましたが、ぼーっとしながらブログ何書こうかとか明日は何しようかとか、考えをまとめる時間に使えば有効活用できるかなと思いました。

うつが治ったおかげ?

うつが治ったおかげなのかどうか分かりませんが、今回お湯を溜めて入浴した以外にも、以前は面倒だと思っていたことが今では普通にできるようになりました。

今ではできるようになった事を挙げてみると、

・掃除
・料理
・布団を干す
・お風呂に毎日入る

こんなところです。

いずれも、やらなくても生きてはいけるというものばかりです。
実際、部屋は汚れ放題で、食べるものはうどんそばとかインスタントだったり、布団はぺったんこで、身体はベタベタでも気にならないで生活していました。

うつ病経験者から言わせてもらうと、決して無理はしないでいいんじゃないかと思います。
部屋が汚くても死にはしないのだから。
あと、無理に趣味を見つけてというのもやらなくていいと思います。
何もしたくないなら何もしないのがいいと思います。

寝るなりネットをするなりして時間を潰すのがいいという気がします。
時間を無駄に過ごしているような気がして罪悪感が芽生えるかもしれませんが、その時間はうつを治すために必要な時間であり無駄ではありません。
薬で治すとか頑張って治すとかいう類の病気ではないので、とにかく一番楽なようにして過ごすのがいいと思います。

「思います」ばかりでスミマセン。
ぼくは専門家ではなく自分の場合しか知らないので、下手なことは言えないと思ったので。
まあ参考程度に聞いてもらえたらいいです。

お風呂のはなしばかりではあまり面白くもないので、うつの話も入れてみました。
これからは、たまにはお風呂にお湯を溜めてゆっくりのんびり入浴しようかと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*