au携帯の料金プランを変えました

以前の記事でも書いたとおり、今月の通話料が無料通話分をかなりオーバーしてしまったので、料金プランを見直すことにしました。
ケータイの料金プランなので、スマホはあんまり参考にならないかもしれません。

今日変更の手続きをしたので、適用されるのは5月からです。
これはソフトバンクも同じようで、料金プランの変更は次の月から適用らしいです。
ドコモだけが月の途中で変更可能だとか。
この点はドコモにとってアドバンテージですね。

現在の料金プラン

さて今までのプランは、プランSSシンプルというやつでした。
これは、月額934円で無料通話が1,000円分ついてきます。
メールと時々電話する程度だったので、ほぼ毎月無料通話分に収まるか、ちょっとだけオーバーする程度でした。

これに、EZ WINコース300円、WEB de 請求書割引で?20円、ユニバーサルサービス料3円に消費税5%で、1,277円が大体の毎月の携帯電話料金でした。
今月からは消費税8%で1,314円です。

これより安くする方法でプランEシンプルというのがあり、これは月額743円ですが無料通話がついてきません。
たまにメールか、電話は受ける方ばかりという方にとってはよさそうです。
しかしぼくの場合、現在のプランで無料通話の1,000円を使い切るか切らないか程度なので、このプランに変更すると逆に高くつきそうです。

って、改めて見直してみて気づいたけど、紙の請求書を止めても20円しか安くならないんですね。
50円ぐらい安くしてくれているのかと思ってた。

変更後のプラン

さて新しいプランですが、プランSシンプルにしました。
これは月額1,550円で無料通話が2,000円分ついてきます。
単月で見ると今月は通話料がすでに6,000円を越えているのでこのプランでもオーバーしてしまいます。

ちなみにこれのさらに1つ上のプランで、プランMシンプルというのがあります。
これは、月額2,500円で無料通話4,050円です。
今月だけで見ると、これが一番よさそうです。
というのも、高い料金プランになるほど通話料の単価が下がっていくので、ちゃんと計算したわけではありませんがこれぐらいかなあと思います。

なぜオーバーしている料金プランにしたか

プランSシンプルで無料通話が2,000円あると、普段は大体1,000円の無料通話分で収まるか収まらないか程度であることを考えると、無料通話が毎月1,000円分ぐらいずつ貯まっていくはずです。
そして、プランSSシンプルの無料通話くりこし上限額である5,000円分貯まったところでプランSSシンプルに変更しようかと考えています。
その無料通話分を食いつぶしたらまたプランSシンプルに変更すれば、再び無料通話が貯まっていくというわけです。

ちなみにプランSシンプルのくりこし上限額は10,000円ですが、ここまで貯めたところでプランを変更すると変更先の上限額以上分は消えてなくなってしまいます。
なので、毎月のくりこし額のチェックが重要になります。

毎月ちょうどの料金プランにしていると、いざ通話が多かったとかネットをいっぱい使っちゃったとかになるとその月は大幅に足が出るということになります。
というか、今月も含めて実際そうなってました。

この、たまにオーバーする分と、プランを上げることによる毎月の基本使用料アップ分とで、どちらが高くなるかによってやり方が変わってくるのでしょうね。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*