演奏してみた動画の作成方法

今日、試しに演奏してみた動画を作ってみましたので、そのときの手順のメモです。

用意するもの

 ハードウェア
  ・デジカメ(OLYMPUS VH-515)
  ・ICレコーダー(TASCAM DR-07MK2)

 ソフトウェア
  ・Crystel Engine
  ・XMedia Recode
  ・AviUtl
  ・Sound Engine Free

動画作成の手順

■撮影

1.デジカメで動画をMOV形式で撮る。同時にICレコーダーで音声をWAV形式で撮る。

■動画編集

2-1.デジカメで撮影したMOV形式の動画を、XMedia RecodeでAVI形式(ビデオのコーデックはXviD)に変換する。

2-2.おまけにつける動画も2と同様にAVI形式に変換しておく。

2-3.Crystel Engineで2と3をあわせたりエフェクトを入れたりなど編集して、AVI形式で出力する。これで動画(音声なし)の完成。

■音声編集

3.ICレコーダーで録音したWAV形式の音声を、Sound Engine Freeにて音量を上げるなど編集。これで音声の完成。

■動画と音声の合成

4.2-3で作った動画と3で作った音声をAviUtlで合成して、AVIファイル(ファイルサイズ巨大)に出力する。

■動画形式の変換

5.ファイルのサイズを小さくするため、4でできたAVIファイルをXMedia Recodeでmp4形式に変換する。

こんな感じで最終的にmp4形式の動画が出来上がりました。

あとはできあがった物をYouTubeなりニコニコ動画なりにアップロードするだけでOK。

しかし自分の演奏する姿を見ると、下手というかカッコ悪かった。

ちゃんと正しい姿勢とか動きで弾くことができてないんだと思います。

自分で見ておかしいと思うところはこれから直して行こうと思います。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*