弓が暴れる

今日、デジカメで初めて自分の演奏している姿を撮影してみました。

そうしたら、弓が暴れるという問題点が見つかりました。

具体的には、弓が弦に触っている位置が元弓で弾くと駒と指板の間ぐらいで、先弓になると指板寄りになっていました。

特に全弓を速く弾くときにこのようになりがちでした。

ちょっと調べてみたら、弦と弓が直角になっていないとこのようになるらしいです。

今まで全然そんなの意識して弾いてなかったから、変な癖がついちゃってるかも。

やばい・・・

というわけで、もう一度ボウイングから練習しなおしたほうがよさそうです。

あと、このことを常に意識するようにして弾くだけでも違ってきそうです。

全身鏡とかあればいいんだけど、うちの壁はコンクリートだからそういうのはつけられないし。

それ以前に賃貸だから勝手にそういうのつけられないし。

置くタイプのやつだったらいいかも。

デジカメで自分の弾く姿を撮れば勉強になるだろうとは思っていましたが、意外な問題点が見つかりました。

よかったです。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加