現在完了形

受験英語は全くダメなぼくですが、現在完了形について最近ようやくおぼろげながら分かってきた気がします。

まず分かった事、それは、現在完了というのはそもそも日本語にはない概念ではないかということです。
ぼくの記憶する限り、過去にこのことを教えてくれた英語の先生は一人もいませんでした。

ということでいきなり例文です。

Did you do your homework?(あなたは宿題をしましたか?)
Have you done your homework yet?(あなたはもう宿題をしましたか?)

似たような文に見えますが、上が過去形で下が現在完了形です。
とりあえず、よく用いられるであろう説明をしてみます。

上の文は、過去に宿題をしたという事実を言っているのであって、今現在宿題が終わった状態なのかどうかは分からない。
つまり、2~3年前に出された宿題はしたのかもしれないが、今出されている宿題は終わっていないかもしれないということ。
過去のある時点のことを述べるだけであり、現在の事には一切触れていない。

下の文は、過去に宿題をやった結果、今は終わっているという状態を表している。
現在の状態を述べるのが主な目的で、それを説明するために過去の事を持ち出している。

・・・とまあこんな感じの説明でしょうか。
しかしこんな説明をされても、分からない人間にとっては何の事やらさっぱり分からないわけです。

日本語だと「あなたは宿題をしましたか?」も「あなたはもう宿題をしましたか?」も同じように、今出されている宿題の事を述べていると考えるのが普通です。
「もう」があれば今出ている宿題で、「もう」がなければ2~3年前の宿題かもしれないなんて事はありません。

もう1つ例文を出してみます。

He went to America.(彼はアメリカへ行った。)
He has gone to America.(彼はアメリカへ行ってしまった。)

これも同じです。
上は過去形で、彼が過去にアメリカに行ったということを述べているだけで今彼がどこにいるのかについては分からない。
下は現在完了形で、彼が過去にアメリカに行った結果、今彼はアメリカにいるということになります。

これについても日本語で考えるとおかしな話です。
会話の中で「彼はアメリカに行った。」と言えば、誰だって彼は今アメリカにいると思うでしょう。
もし彼が今別の所にいるのなら「その後彼はフランスに行った。」とでも付け足すはずです。
「彼はアメリカに行った」とだけ言われたのに今アメリカにいないとすれば「何の意地悪クイズだよ!?」ということになるでしょう。
「行った」だろうが「行ってしまった」だろうが、彼は今アメリカにいると考えるのが普通です。

もう一度言いますが、現在完了とは日本語にはない概念です。
この事を意識せずに無理矢理日本語に置き換えようとするから、ややこしくなるのではないかと思います。

以下、受験英語のテクニックになるかもしれませんが、「この時には現在完了形を使え!」というキーワード的なものがあります。
思いつくものを挙げてみます。

【完了】・・・過去に何かをした結果、現在はどうなっているかというのを表現する
・もう~した。
(例)I have already done my homework.(私はもう宿題をした。)

・まだ~してない。
(例)Children hasn’t come home yet.(子供たちはまだ帰宅してない。)

・ちょうど~したところ。
(例)I’ve just eaten dinner.(私はちょうど晩ごはんを食べたところです。)

【経験】・・・過去に何かをした結果、今はそれを経験したことがあるというのを表現する
・~したことがある。
(例)Have you ever been to Africa?(あなたは今までにアフリカに行った事がありますか?)

【継続】・・・過去から現在までその状態が続いているというのを表現する
・(過去のある時点)から(ずっと)~している。
(例)He has been studying mathematics since he got up.(彼は起きてからずっと数学の勉強をしている。)

・○年間(○時間、○日間など)~している。
(例)They have lived in Japan for two years.(彼らは2年間日本に住んでいる。)

他にも色々あると思うので、この場合は現在完了形を使えばいいんだというのを見つけてみてください。

また、こういうキーワード的なものがない場合は、文の意味から推測してください。
例えば「彼はアメリカに行った」だったら、彼は今もアメリカにいるという事を言いたいのか、それとも過去に行ったということを言っているだけなのか。
話のポイントが現在にあるか過去にあるかです。
今も行っているということを言いたいのなら現在完了形、過去に行ったということを言いたいだけで今は帰ってきているか別の所に行っているのか分からないというのだったら過去形です。

こんな感じで使い分ければ段々分かってくると思います。

P.S.
この程度の例文ならすらすら書けるようになったということは、瞬間英作文Stage2の効果が出ているということでしょうか?
とか言いながら例文が間違っていたらハズカシイけど。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まりん より:

    お久しぶりです
    お~ そうだったのかぁ・・・と
    真面目にお勉強になってしまいました
    解らないけど、そうなんだ。。。と憶えただけで、記憶しただけの英語でしたので、なるほど!だから英語点数は取れるけど解らないんだ。。。と、矛盾してるように思われるかもしれませんが、学校のTESTはなんとかこなせるのですが、英語を読解には至らなかったのですね。
    解らないときは、そういうもんだと覚える!丸暗記みたいなことしかしなかったから、わからなかったんだ!という事を知りました。
    有難うございました

  2. cremona2003 より:

    まりんさん
    返事が遅くなりスミマセン。
    ぼくも中学高校のときは深い意味も考えずにルールを覚えるだけでした。
    というよりも、当時は「日本で生活するのに何で英語を勉強する必要があるのか?」と思いながら勉強していたので、そのルールさえもちゃんと覚えきれずに酷い成績でした。
    まあ学校で勉強するものの多くは意味も考えずにそういうものだと覚えるだけだった気がします。
    そのルールの裏にある意味をちゃんと理解すれば、もっと楽しく勉強できたのかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*