something と anything の使い分け

トレーニングをしていて、ふと疑問に思ったので調べてみました。
そして自分なりにすっきりしたつもりなので、ここに紹介してみます。
中学英語で言いたいことが24時間話せるPart2(南雲堂)を参考にしています。
例文については、間違いがあったら指摘してもらえると嬉しいです。

まず、それぞれの文の種類によって、下表のような意味になります。

something
anything
nothing
肯定文
何か
何でも
×
疑問文
何か
何か
×
否定文
×
何も
何も…でない

肯定文でsomethingの場合、
I want something to eat.(私は何か食べるものが欲しい)

肯定文でanythingの場合、
You may eat anything in the fridge.(冷蔵庫のもの何でも食べていいよ)

疑問文はとりあえず飛ばします。

否定文でanythingの場合、
I don’t have anything to eat.(私は何も食べるものがない)

否定文でnothingの場合、
I have nothing to eat.(私は何も食べるものがない

となります。
上に挙げた例文については使われる文の形や日本語訳が少しずつ異なるので、使い分けにはそんなに悩まずに済むと思います。

さて、疑問文についてです。
日本語で考えると something と anything のどちらとも「何か」と、同じ訳になります。
しかしこの2つは、使い分ける必要があります。
その条件が下記の3つです。

1.Yesでの返答が予想される場合は anything ではなく something を使う
午後1時30分頃に相手に何か食べたかたずねる場合、恐らく昼食は終わっているだろうから、
Did you eat something?(何か食べましたか)
となります。
正午前頃に同様の質問をする場合、昼食はまだこれからだろうから、
Did you eat anything?(何か食べましたか)
となります。
(これはぼくの予想ですが、食べたのか食べてないのかを聞きたいときはanything、何を食べたのか、とか、どこで食べたのかというのを聞きたいときはsomethingを使っているような気がします)

2.提案をするときは anything ではなく something を使う
Why don’t we have something to eat?(何か食べようよ)

3.相手に勧めるときは anything ではなく something を使う
Would you like something to eat?(何かお召し上がりになりますか)

どうでしょう、分かってもらえましたでしょうか。
これを書いているぼくもまだ完全に理解したわけではありませんが。
あとは頭で考えて使い分けるのではなく、感覚的に使い分けることができるようになればいいでしょうね。

blog_Ranking面白かったらクリックお願いします。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. おにぎり より:

    へぇーーー!!!
    改めて言われてみれば「なるほどー!!」でした。
    なんだか少しわかったような気がします♪

  2. cremona2003 より:

    おにぎりさん
    こんな記事にまでコメントありがとうございます。
    おにぎりさんに分かったと言ってもらえたら、とても嬉しい限りです。
    これで完璧に理解する必要はないと思っています。
    正しいのかどうかも分からないような例文をちょっと載せているだけだし。
    これで何となく分かったら、あとは使いまくって身体に染みこませればいいんじゃないかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*