走れ○ロス

ここのところ仕事でよく帰りが遅くなり、今日はとうとう終電でした。

新日本橋から横浜まで30分ちょっとなので、23時30分ごろ駅に着けば地下鉄の終点には余裕で間に合うな~なんて思っていたわけです。
ところが、次に横浜まで行く電車は20分後ぐらい。
20分も待たせるなんて田舎の電車かっ!

この20分後の電車に乗ったなら、市営地下鉄の終電には確実に間に合いません。
ということでその前の東京行きに乗って、そこから東海道線に乗り換え。
それでも終電ギリギリ。

ということで今回のMission。
「横浜駅の東海道線から市営地下鉄まで2分以内に乗り換えよ」

そう言えば昔、同じようなことやった記憶がよみがえりました。
このときは、走った後のあまりの苦しさに吐きそうになりました。

でも今日のボクは昔とは違うんだ。
この日のために1年近くジョギングを続けてきたんだから・・・(大嘘)

まあとにかく、川崎を過ぎたあたりから脳内シミュレーション。

10秒後・・・ドアの外に出る
20秒後・・・階段手前
40秒後・・・階段降りきる
50秒後・・・改札出る
70秒後・・・QUEEN’S ISETAN前
95秒後・・・地下鉄改札入る
120秒後・・・電車の中ヽ(´ー`)ノバンザーイ

かなりギリギリだけど、地下鉄も少しは待っててくれるだろうという根拠のない期待をしつつ、任務遂行に向かうのでした。

以下、実際のタイム。(タイムは脳内時計での記録です)

20秒後・・・ドアの外(かなり混んでいてなかなか降りられませんでした)
30秒後・・・階段手前(ここはまあ見積りどおり)
45秒後・・・階段降りきる(意外と早かった)
必死で走っていたので、これ以降のタイムはよく分かりません。
でもさすがに夜も遅いので人も少なく、普段のジョギングの効果もあってすいすいと走ることができました。

そんな感じで地下鉄ホームに着くと、電車がすでに待っていました。
ここまで来てもしドアが閉まろうものならば体当たりしてでも乗ってやろうという気でいましたが、特にその必要もなく無事に乗ることができました。

そしてここからがすごいところ。
これまでの努力が日の目を見るときがようやく来ました。
最初のうちは軽く息が上がっていたけど、少しするとすぐに落ち着いてきました。
あとは吐き気に襲われることもなく涼しい顔です。
普段走っていると、こういうときに役立ちます。
今回は下りばっかりで楽だったというのもありますが。

ちなみに体当たりしてやろうと思ったのは、個人的な恨みがあったから。
前に20時23分発の電車に乗ろうと一生懸命走ったら目の前でドアが閉まりました。
ここまではよくある話だけど、そこでパッと駅の時計を見るとまだ20時22分でした。(自分の時計じゃなくて駅の時計というのがポイントです)
ということはぼくはこの電車に乗っていいはず、なのにドア締めやがって!
目の前で走り去る電車を見送りながら腹が立つと同時に、この程度で腹を立てる自分の小ささを再認識したのでした。

blog_Rankingオチが今イチと思ったらクリックお願いします。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*