盲導犬クイールの一生

今、英語の勉強で、洋販ラダーシリーズの”QUILL, The Life of a Guide Dog”を読んでいます。
「盲導犬クイールの一生」の英語版です。
使用される語彙数が制限されているので、比較的読みやすいです。

前にこのタイトルのドラマをやっていたことは知っていましたが、内容を知ったのは今回が初めてです。
非常に簡単に内容を説明すると、普通のペットとして生まれてきたクイールが色々な人との出会いと別れを繰り返し盲導犬になるというお話しです。
ってそのまんまか。

最初の方から読み進めて、意外と読書を楽しんでいることに気づきました。
今までは内容を理解するのに必死で楽しむどころではありませんでした。
まあ楽しむといっても語彙が制限されているからできるのであって、普通の英語の文章を読めといわれても全然読めないと思います(*´∀`)

そして物語も最後、クイールがどんどん弱っていき死が近づいてくるところです。
(クイール死なないでー!!)と思いながら読み進めると、いきなり水を差すものが・・・

anemia
leukemia
urinate
defecate

なんていう、聞いたこともない単語がずらずらと。
こんな単語分かるかっ!と誰かにツッコミを入れることもできず、仕方なしに巻末のWord Listで意味を調べることに。
ということで、残念ながらここでペースを乱されてしまいました(いや、自分で乱しているだけか)。
でもここを乗り越えるとまた順調に読むことができ、最後は電車の中で読みながら涙がこぼれそうになりました。

ちなみに上に書いた単語の意味は順番に、

貧血
白血病
排尿する
排便する

です。
こんな単語、滅多につかわねー( ̄□ ̄;)!!
でもurinateについては意味を調べてみて、ローワン・アトキンソン主演の映画「ジョニー・イングリッシュ」で聞いたことがあるのを思い出しました。

英語で読書を楽しめるようになるには、もう少し努力が必要なようです。

blog_Ranking面白かったらクリックお願いします。

ランキング



にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. おにぎり より:

    cremonaさん、ほんとすごいですねー!!
    私も一時期自分で英語の勉強してたんですが、今ではすっかりやってません(笑)
    TOEICでも簡単なBridgeを受けようと思って勉強してたのですが…。
    実は受けずに放置です。
    cremonaさんの頑張りぶりを見ていたら、また頑張ってみようかなって気持ちが出てきました。
    初心者はどーやって勉強したら効率がいいでしょう?
    なんか素敵な方法があったら教えて下さい(笑)

  2. cremona2003 より:

    おにぎりさん
    はい、自分なりに頑張ってきたつもりです。
    でも英語ができる人から見ればまだまだ入門レベルなので、これからが勝負です。
    勉強方法については、自分のレベルで偉そうに語るのもどうかと思って記事にしなかったけど、とりあえず入門レベルに達するまでの勉強方法なら教えてあげられるかもしれません。
    ということで、別の記事に書いてみます。

  3. さやか より:

    その単語たち、私ももちろん知らなかったけど、見た目イタリア語っぽいね。

  4. cremona2003 より:

    さやかさん
    イタリア語はよく分からないけど、上2つは多分ラテン語じゃないかな。
    ・・・と思って調べてみたら、語源はどうもギリシャ語みたいです。
    下2つは分かりませんヽ(;´Д`)ノ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*